得点がなくても岡崎慎司は重要な選手…レスターのシェイクスピア監督 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

得点がなくても岡崎慎司は重要な選手…レスターのシェイクスピア監督

スポーツ 選手

レスターが今季アウェイ初勝利 岡崎慎司は後半31分までプレー(2017年3月18日)
  • レスターが今季アウェイ初勝利 岡崎慎司は後半31分までプレー(2017年3月18日)
レスター・シティに所属する岡崎慎司は今シーズン、ゴール数が2得点と伸び悩んでいる。クラウディオ・ラニエリ前監督の下で起用法が安定しなかったこともあるが、最後にゴールしたのは2016年12月3日のイングランド・プレミアリーグ第14節サンダーランド戦だ。

カップ戦を含めた公式戦全体でも5ゴールに留まるが、クレイグ・シェイクスピア監督はスコアに表れない部分で岡崎の働きは重要だと話す。

「(得点できなかったとしても)シンジのプレーは我々にとって重要だ。得点やセーブに賛辞が集まることが多いのは確かだがチームのパフォーマンスという観点では、チームにとって何が重要なのかを理解することが必要不可欠だ」

3月18日のプレミアリーグ第29節でウェストハム・ユナイテッドに3-2で勝利したレスター。今シーズン初のリーグ戦3連勝で目標とする残留が近づいてきた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top