【津々見友彦の6輪生活】自転車専用設計の「サーモス 真空断熱ストローボトル」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】自転車専用設計の「サーモス 真空断熱ストローボトル」

オピニオン コラム

サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
  • サーモス 真空断熱ストローボトル
自転車ライドで嬉しいのは、一番には走って楽しいことだが、それに加えて身体が健康になること。私はもう75歳になってしまったが、健康診断でも血圧、血糖検査、コレステロール、体脂肪などすべて正常。楽しいうえに健康になれ、こんなに素晴らしいことはない。

で、走ると運動するだけに汗が出て、その分、水分補給は必須だ。ドリンクボトルは手放せない必須アイテム。冬場はあまり水を飲まないものの、それでも走り始めは身体も冷えていて温かい飲み物も欲しい。

また、夏場になるとたくさん汗をかく分、水もゴクゴクと大量に飲む。脱水症状防止のためだ。その時はやはり冷たい方が美味しいし、冷たい飲み物を飲むことで身体も冷やせる。

だが、カンカン照りの夏場はすぐに生ぬるくなり、美味しくない。また、寒い冬場では、地方によってはボトルの水が凍ってしまって飲めない。そこで、ボトルケージに入れられる魔法瓶はないのかと常々思っていたら、ついに夢見た自転車用の魔法瓶を発見した。

「サーモス 真空断熱ストローボトル」(FFQ-600)

こんなの欲しかった!自転車専用ボトルとして開発されただけに、自転車のボトルケージにすっぽりと収まってくれる。キャップを外すと45mmの大きな口径の口なので、自宅で製氷したアイスキューブも入れられる。そのキャップにはストローが装備されていているので、とても飲みやすい。

大きな口径の口


■ストローボトルのメリット

ストローで飲むとかなりの吸引力が必要では?と最初は思ったが、気になるパワーは要らなく、お店でジュースを飲むのと同等のエネルギーで飲めて全く気にならない。

メリットのひとつはボトルの底を上に持ち上げなくても飲め、走りながらそのままのライディング姿勢なので、視線移動がないことだ。これは安全性の点でも高く評価できる。

樹脂製スクイズボトルの場合は、コツが要る。確かに吸引力はなくてもボディをスクイズすると水が飛び出してくれるので、その点は飲みやすいものの、ボトルの底を上に上げなければならない。こうすると顔も上に上がるので視点がずれ、ライディングフォームも崩れ、安全性には問題がある。

■滑り止め、シリコン樹脂ベルト

ちょうど手で握るあたりにはステンレスボディにシリコンベルトが巻かれていて、滑り止め対策がされ、安心してケージから取り出すことができる。デザイン的にもアクセントとなり、良く配慮された設計だ。

シリコンベルトが巻かれている

また、万が一地面に落としてもガラス製ではないので中が割れる心配がなく安心だ。昔は内部がガラス製で落として割ってしまい、泣いた経験がある…。

■フタ付のストロー

嬉しいのはストローの吸い口がフタで普段は隠れていること。湿った吸い口はホコリが付きやすいので、フタつきは大歓迎。また走りながら、フタは親指でワンタッチでポンと開き、人差し指で閉じられ、片手で全て完結する操作性の良さが魅力だ。また、ストローが出た状態でボトルを転倒させても、わずかしか水がこぼれないのも嬉しい。

フタ付のストロー

■吸い残し量
気になるのはストローによる「吸い残し」量だ。確かに半口分ぐらいは吸い残しがある。
だが、私の持っているAVEX(エイベックス)のスクイズボトルもほとんどが同量かそれ以上の飲み残しが出るので、その点でも不満はない。

■保冷性
室温35度で10度以下を6時間キープする。と、されているのでロングライドでも実用的で不満はない。

■保温性
気になるのは冬場の温かな飲み物。性能的には熱い飲み物も保温できる。ただ、コップに注いで飲むのではなく、直接ストローで吸う場合には火傷の危険があるので、熱い飲み物は推奨していない。そのため、冬場は舌を火傷しない人肌程度のぬるめの温度にすべき点が注意点と言える。


《まとめ》
容量は600mlでスクイズボトルの650mlに対して二重構造のためやや少ないのは仕方ない。重さも樹脂製ボトルに対して80gほど重いのだが、逆に言えばその程度に抑えられているとも言える。

冬季に温かな飲み物(舌の火傷に注意)が飲め、特に夏場の冷たい飲み物は身体を冷やし、元気になれるのはありがたいし、視界も遮らない。価格は3600円(税抜き)だが、十分にコストパフォーマンスは高く満足できる。

補足だが、バイクのみならず、自動車でも視線を正しく取りながら飲め、また目の前にボトルがこないので視界を遮ることがない。安全運転の意味でも推奨できる。


「サーモス 真空断熱ストローボトル」
■カラー:ステンレスブラック、ステンレスホワイト
■重量:270g
■容量:600ml
■口径(約cm):4.5
■本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm):7.5×7.5×23
■本体最大径(約cm):7.3
■本体重量(約g):270
■価格:3600円(税抜き)
《津々見友彦》

編集部おすすめの記事

page top