選抜高校野球の期間中、甲子園駅列車接近メロディを星野源「恋」に変更 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

選抜高校野球の期間中、甲子園駅列車接近メロディを星野源「恋」に変更

イベント スポーツ

高校野球期間中、甲子園駅列車接近メロディを星野源「恋」に変更
  • 高校野球期間中、甲子園駅列車接近メロディを星野源「恋」に変更
阪神電気鉄道は、「第89回選抜高等学校野球大会」の期間中、甲子園駅の列車接近時のメロディを大会入場行進曲の「恋」に変更する。

3月19日(日)より開催される第89回選抜高等学校野球大会に合わせ、甲子園駅の列車接近メロディ「線路は続くよ どこまでも」を星野源の「恋」サビ部分に変更。列車の接近・到着時に約15秒間放送する。春の大会で甲子園駅列車接近メロディを高校野球大会関連曲へ変更するのは、一昨年に続き3回目となる。

列車接近メロディ「恋」の編曲は、音楽プロデューサーであり、鉄道メロディのパイオニアである向谷実氏が担当。変更期間は、3月19日(日)の始発から大会終了日3月30日(木)の終電となる。なお、甲子園駅以外の駅の列車接近メロディの変更は行わない。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top