自分の荷物にまたがり、空港内をラクラク移動!…Modobag | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自分の荷物にまたがり、空港内をラクラク移動!…Modobag

新着 製品/用品

Modobagの開発者 ケビン・オドーネル氏
  • Modobagの開発者 ケビン・オドーネル氏
  • Modobagに乗りノリノリのブース関係者
  • Modobag
  • Modobag
  • Modobag
  • Modobag
  • Bodobagブース
米国ラスベガスにおいて1月5~8日(北米時間)の日程で行われている、世界最大の家電展示会「CES 2017」。メイン会場の一つであるサンズエキスポ内の、毎年恒例のエウレカパーク会場では、今年も多くのベンチャー企業が珍しい出展を行なっていた。

今回紹介するのはModobag社(シカゴ)の、同名の『Modobag』というスーツケース。飛行機の手荷物で持ち込めるサイズのバッグだが、なんとまたがって移動することができるという優れものだ。

走行速度は約13km/h。一回の充電で約1時間の走行が可能だ。完全充電には一時間半かかるという。バッテリーは、世界のほぼ80%の航空会社が機内持ち込みを認めているという。USBポートが二つ付いており、スマホの充電などをしながらの移動もできる。本体の重さは約9kg。

開発者のケビン・オドーネル氏に話を聞くと「一番のターゲットはたくさん旅する旅行者。空港内の移動に役立ててもらいたい。あとは展示会場内の移動や、都市部に住む人の足としても需要はあると思う」とのこと。開発には2年を費やしたという。

生産はアメリカで行い、値段は$1495(約17万5000円)。アメリカ以外の国でも発売を予定している。

実際に乗車(?)させてもらったが、操作感はスクーターに近く、左についているレバーがブレーキ、右側についているノブを親指で押し下げることでスピードを調節する。13km/hというのは通常歩くスピードの三倍近いので、人が多い場所ではかなりのスピード感を味わえた。

近い将来、空港内をバッグにまたがり移動する人たちの姿が多く見られるかもしれない。

【CES 2017】自分の荷物にまたがりラクラク移動!…Modobag

《関 航介@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top