【スズキ スイフト 新型】ブレーキアシスト用センサーはトヨタセーフィティーセンスCと同等品 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【スズキ スイフト 新型】ブレーキアシスト用センサーはトヨタセーフィティーセンスCと同等品

新着 製品/用品

スイフトに搭載されたデュアルセンサーブレーキサポート用のセンサーモジュール。単眼カメラ+レーザーレーダー。
  • スイフトに搭載されたデュアルセンサーブレーキサポート用のセンサーモジュール。単眼カメラ+レーザーレーダー。
  • 新型スイフト
  • ブレーキサポートの動作イメージ
  • アダプティブクルーズコントロール
スズキは以前からブレーキアシスト機能に積極的に取り組んでいる。これまでにも、スバルのアイサイトにも採用されている日立オートモティブシステムズ社製のステレオカメラを、軽自動車としては他社に先駆けて『スペーシア』に搭載してきた。

それが新型『スイフト』では、「単眼カメラ+レーザーレーダー」に変更された。この組み合わせは、「トヨタセーフィティセンスC」のデバイスと同一である。これについて情報・予防安全開発課第一課の千葉光弘課長は「トヨタセーフティセンスCとハードウェアは同じものですが、制御ソフトウェアには違いがあります」とのこと。事実、スペックには違いがある。トヨタセーフティセンスCは歩行者検知を謳っていないが、スズキのデュアルセンサーブレーキサポートでは、「自動ブレーキが作動した時の速度が約5~約30km/h未満であれば、歩行者との衝突を回避できる場合がある」としている。

千葉氏は「(デュアルセンサーブレーキサポートのデバイスは)ソフトウェアの開発も含めて、コンチネンタルから調達しています。以前のステレオカメラを利用したデバイスと比べて、コストは安くなり、機能的には新たにハイビームアシストが加わりました」とアピールする。

昨今のニューモデルには欠かせないブレーキアシスト機能は、メガサプライヤーが、ハード・ソフト含めてモジュールごと供給し実現する事例が多い。今回のスズキの場合は、低コストで多機能な点が評価されているようだが、今後もサプライヤー間の性能/コスト競争が激化しそうだ。

デュアルセンサーブレーキサポートは、ACC(アダプティブクルーズコントロール・約40~100km/h対応)と、カーテン&サイドエアバッグとのセットでメーカーオプションとして用意される。価格は9万1800円(MT車)または9万6120円(AT車)。
《佐藤耕一@レスポンス》

編集部おすすめの記事

新着 アクセスランキング

  1. 西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

    西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

  2. 警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

    警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

  3. 億万長者ランキング…最年少は「19歳のノルウェー美少女」

    億万長者ランキング…最年少は「19歳のノルウェー美少女」

  4. 稲村亜美、ナイトウエアで大人っぽい“神スイング”を披露…「野球観戦デートはしたくない」

  5. 2018 BMW M2に400馬力の最強「CS」を投入か!?

  6. パガーニ ウアイラ日本第一号車、中古価格2億3千万円で発売開始!

  7. 斬新デザインのバイク「MADASS125cc」、5月31日国内販売スタート

  8. 時速250kmで海面を飛行!フライシップに期待大!

  9. スニーカーに開いてる、あの穴の正体を突き止めた結果

  10. 福士加代子「今年イチのシューズ」…adidas UltraBOOST Xに太鼓判

アクセスランキングをもっと見る

まとめ

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら