米国生まれのWi-Fi型スマートロック、2017年1月より日本国内販売開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

米国生まれのWi-Fi型スマートロック、2017年1月より日本国内販売開始

新着 製品/用品

解錠・施錠はテンキーで暗証番号(PINコード)を入力する形のため、鍵の持ち運びは不要。PCやスマホによる遠隔操作でも開閉できる(画像はプレスリリースより)
  • 解錠・施錠はテンキーで暗証番号(PINコード)を入力する形のため、鍵の持ち運びは不要。PCやスマホによる遠隔操作でも開閉できる(画像はプレスリリースより)
  • Webアプリ「LockState Connect」から複数の「RemoteLock」を一元管理できる。最大1,000ユーザーまたはゲストユーザーのアカウント発行が可能(画像はプレスリリースより)
 構造計画研究所は26日、米・LockState社が開発したWi-Fi型スマートロック「RemoteLock」の、日本市場での販売およびサービス提供を2017年1月から開始することを発表した。

 「RemoteLock」は自宅のWi-Fiと接続するだけで使用できるスマートロック。鍵の管理はWebアプリ「LockState Connect」を用いてブラウザ上で行うため、インターネットに接続できるPCやスマートフォン・タブレットさえあればどこからでも鍵の管理・操作が可能だ。

 解錠・施錠はPC・スマートフォン等による遠隔操作のほか、テンキーで暗証番号(PINコード)を入力することでも可能。一時的な鍵権限の発行も可能なので、例えば不動産の内覧や民泊における鍵の受け渡しもインターネット上で完結できる。

 「LockState Connect」上で複数の「RemoteLock」を管理でき、最大1,000ユーザーまたはゲストユーザーのアカウント発行が可能。いつ・どこで・誰が・どのキーで入室したのかといった解錠履歴も記録され、解錠時に自動メール通知機能で管理者に知らせることができる。API連携によりカメラやセンサーといった他のIoTデバイスとの連携も可能だ。

 価格は現在キャンペーン価格となっており、「RemoteLock 5i」1個、送料、標準工事費、クラウド管理システム利用料12か月分込みで78,000円。13か月目からの月々の利用料金はアカウント基本料1,500円、RemoteLock1個につき500円(いずれも税別)となっている。

米国生まれスマートロックが日本国内販売を開始へ

《防犯システム取材班/鷹野弘@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. 西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

    西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

  2. 警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

    警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

  3. 稲村亜美、ナイトウエアで大人っぽい“神スイング”を披露…「野球観戦デートはしたくない」

    稲村亜美、ナイトウエアで大人っぽい“神スイング”を披露…「野球観戦デートはしたくない」

  4. 億万長者ランキング…最年少は「19歳のノルウェー美少女」

  5. コンコルドよりも速い超音速旅客機が公開…2017年に初飛行予定

  6. ドッペルギャンガー、コスプレイヤーを起用したサイト「ロードバイク女子高生」開設

  7. メルセデス、4420万円の限定「マイバッハ S650カブリオレ」受注開始…ゴージャスの極み...

  8. スニーカーに開いてる、あの穴の正体を突き止めた結果

  9. マツダの新型レースマシン「RT24-P」ワールドプレミア

  10. 時速250kmで海面を飛行!フライシップに期待大!

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら