スポーツ医・科学の振興・国際競技力強化プロジェクト開始…日本スポーツ振興センターと大塚HD | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポーツ医・科学の振興・国際競技力強化プロジェクト開始…日本スポーツ振興センターと大塚HD

新着 ビジネス

スポーツ医・科学の振興・国際競技力強化プロジェクト開始…日本スポーツ振興センターと大塚HD
  • スポーツ医・科学の振興・国際競技力強化プロジェクト開始…日本スポーツ振興センターと大塚HD
日本スポーツ振興センター(JSC)と大塚ホールディングスは、スポーツ医・科学の振興、国際競技力のさらなる強化に向けた産官学の共同プロジェクト「JSC ハイパフォーマンスセンター Total Conditioning Research Project 」を開始した。

プロジェクトでは、トップアスリートのパフォーマンス維持・向上、トップオブトップの競技レベルの維持、トップアスリートの発掘・育成・強化に役立つ研究を行う。運営は、日本スポーツ振興センター・ハイパフォーマンスセンター(HPC)と大塚製薬が担当する。研究期間は2017年1月~2021年3月。

スポーツ医・科学の各側面からトップレベルの競技者とチームの国際競技力の向上を組織的・総合的に支援する業務を行うJSCと、スポーツ栄養分野の研究開発から生まれた製品や知見でアスリートをサポートする大塚グループの強みを活かし、2020年に向けた共同研究を実施する。プロジェクトは、新生HPCの民間企業との協働による初めての事業となる。

研究コンセプトは、トップアスリートのパフォーマンス維持・向上に役立つ研究、トップオブトップの競技レベルの維持に役立つ研究、トップアスリート・パスウェイに役立つ研究(発掘・育成・強化)、スポーツ科学の振興に貢献できる研究。

プロジェクトでは、国際競技力を強化する研究を行い、4年間で得られた知見からスポーツコンディショニングに関するガイドラインを策定し、2020年以降に国民の健康維持・増進に向けた啓発活動に応用する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

新着 アクセスランキング

  1. 西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

    西川貴教の会社「突風」は100億円の経済効果?…高橋みなみ「もう少し高くても」

  2. 警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

    警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も

  3. 億万長者ランキング…最年少は「19歳のノルウェー美少女」

    億万長者ランキング…最年少は「19歳のノルウェー美少女」

  4. 稲村亜美、ナイトウエアで大人っぽい“神スイング”を披露…「野球観戦デートはしたくない」

  5. 2018 BMW M2に400馬力の最強「CS」を投入か!?

  6. 斬新デザインのバイク「MADASS125cc」、5月31日国内販売スタート

  7. パガーニ ウアイラ日本第一号車、中古価格2億3千万円で発売開始!

  8. EVも!? フォード フォーカス次期型、ダッシュボードまで初補足成功!

  9. マンチェスター・ユナイテッド、ヤンマーのトラクターとコラボ

  10. “腕に巻けるスマホ”が発表…ディスプレイがぐにゃぐにゃ曲がる!

アクセスランキングをもっと見る

まとめ

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら