レアル・マドリードがクラブ世界一…鹿島アントラーズ・柴崎岳の2発もおよばず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レアル・マドリードがクラブ世界一…鹿島アントラーズ・柴崎岳の2発もおよばず

スポーツ 短信

FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリードが世界一。ハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリードが世界一。ハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップ決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズ(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップ決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズ(2016年12月18日)
  • 柴崎岳 参考画像(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップ決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズ(2016年12月18日)
  • クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップ決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズ(2016年12月18日)
  • FIFAクラブワールドカップ、レアル・マドリードが世界一に(2016年12月18日)
FIFAクラブワールドカップ決勝が12月18日に日産スタジアムで行われ、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が開催国王者の鹿島アントラーズを4-2で破り優勝した。

2年ぶりのクラブ世界一を目指すレアル。各国代表の主力クラスをそろえたスター軍団はテンポが速く、多彩な攻撃を見せる。立ち上がりの鹿島は守備で苦労させられた。前半9分にはこぼれ球をカリム・ベンゼマに蹴り込まれ先制を許す。

しかし、ここから鹿島が奮闘を見せた。しっかりとした守備からチームを立て直し、再三のピンチにもGK曽ヶ端準が好セーブ。そして前半44分に柴崎岳のゴールで追いつき、前半を1-1で終えることに成功する。

柴崎岳 参考画像
(c) Getty Images

さらに鹿島は後半7分、柴崎がエリア外から相手DFを振り切って左足のシュート。GKケイラー・ナバスの手が届かないコースに決まってリードを奪った。

後半15分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて同点に追いつかれ、延長でもロナウドに2ゴールを許し鹿島は力尽きた。だが、日本に鹿島ありを強くアピールする一戦だった。

試合後のピッチ上でインタビューを受けた石井正忠監督は、「レアル・マドリード相手に自分たちの戦い方をしっかりした。120分戦ってくれた選手たちに感謝の気持ちでいっぱいです」と選手たちを称えた。


レアルから一時リードを奪うなどした鹿島にファンからは、「素晴らしい試合だった。引かなかったことが結果的に良かった」「まさかレアルも120分戦わされるとは思ってなかっただろ」「2点を決めた柴崎とロナウドを1対1で止めた昌子が印象的だった」「レアルに負けて悔しいと思えるチームになったんです。そんな鹿島アントラーズを、僕らサポーターは誇りに思います!」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら