サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問

イベント スポーツ

サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問
  • サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問
  • サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問
  • サッカー元五輪代表監督・山本昌邦、全国高校サッカー選手権出場校を訪問
大塚製薬は、サッカー元オリンピック代表監督の山本昌邦が、翔英学園 米子北高等学校で講演会を行う「ポカリスエット エールと、ともに。ブカツ応援キャラバン」を2016年12月14日(水)に開催した。

「ブカツ応援キャラバン」は、スポーツ界のレジェンドが部活を頑張る高校生を応援する「エールと、ともに。」プロジェクトの一環として実施。今回、山本がサッカー界のレジェンドとして、今年度の全国高校サッカー選手権大会に出場する鳥取県の翔英学園 米子北高等学校を訪れた。

当日は、全校生徒約763名に向けた講演と、男子サッカー部員98名に対する特別講演会を行った。同校の生徒たちに向けた講演で山本は、「チャレンジして成長する人にチャンスが巡ってくる。自分の得意なこと、自信のあることを大切にして、幸せな人生を切り開いて欲しい」と生徒たちにメッセージを伝えた。

男子サッカー部員98名に対しては、全国大会を前にしていることもあり、試合に向けた心構えなどを中心に講演し、「選手権は、君たちの人生の中でも大きな分岐点であり、人間的にも進化できる場所。自分から考え、動く意識が大事。チームのために全員が貢献できれば、きっと勝てる」とアドバイス。

さらに「リスクを負って自分でチャレンジできるような、信頼できる選手を目指してほしい」と、今後の日本のサッカー界を担うアスリートたちにエールを送った。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top