自動運行ドローンによる施設管理を実施…静岡県エコパスタジアム | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自動運行ドローンによる施設管理を実施…静岡県エコパスタジアム

新着 技術

エコパスタジアム
  • エコパスタジアム
  • ドローンによるスタジアム屋根の点検
ドローン(UAV)土木測量の国内最大手のテラドローンは、東急コミュニティーと静岡県袋井市の小笠山総合運動公園内エコパスタジアムの管理業務に、自動航行ドローンを活用した空撮システム(運行管理システム/UTM)を導入する。

エコパスタジアムは、2002年FIFAワールドカップの会場にもなった静岡県最大規模の競技場。東急コミュニティーは指定管理者である静岡県サッカー協会グループの構成企業で、2011年から施設の管理業務を担っている。

今回、東急コミュニティーは、エコパスタジアムの管理にテラドローンの運行管理システムを導入する。スタジアム屋根部分の点検目視業務は、これまで作業員が実施していたが長時間を要し、危険を伴う作業だった。

自動運行ドローンでは予め運行管理システムで指定したスタジアム屋根部分について、カメラによる目視点検業務を行うため、これまでより広範囲で詳細に行うことが可能になり、安全、効率的な作業が実現する。

また、これまで専門の作業員が長時間かけて実施していた屋根幕の穿孔(穴)チェックについて、カメラで撮影して判定することも検討する。これが実現すれば、短時間で正確なデータを取得することが可能になる。

両社は今後実績を積み重ねながら、ドローンのさらなる活用策を検討するとともに、業務の品質向上と効率化を図っていく。
《レスポンス編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら