千葉ロッテの選手が直接指導、子どもたちが野球の魅力を体験「ネクソン×千葉ロッテマリーンズ少年野球教室」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

千葉ロッテの選手が直接指導、子どもたちが野球の魅力を体験「ネクソン×千葉ロッテマリーンズ少年野球教室」

イベント スポーツ

ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
  • ネクソン×千葉ロッテ野球教室(2016年12月4日)
プロ野球選手とふれあい、野球の魅力と楽しさを体験する「ネクソン×千葉ロッテマリーンズ少年野球教室」が12月4日、千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムに隣接する屋内練習場で開催された。

同イベントは、オンラインゲーム配信事業を推進するネクソンが、スポンサーシップ契約を締結している千葉ロッテマリーンズの現役3選手を講師として迎えて実施。今回で4回目の開催となる。

参加したのは、大谷智久投手、伊志嶺翔大外野手、田村龍弘捕手。プロ野球選手から直接受けるアドバイスに対し、真剣に耳を傾けて実践する子どもたち。さわやかな汗を流しながら思い思いの時間を過ごしていた。


■体を動かしながら、ゲームを学ぶ

選手の登場前、子どもたちがウォーミングアップがてら取り組んだのは「ネクソン あんしんクイズ」だ。

安全にオンラインゲームをプレイするための注意点などをクイズとして出題。正しいと思えば「マル」へ、間違いだと思えば「バツ」と書かれたプレートの方へ、元気よく走り寄っていた。また、途中で腕立て伏せも盛り込まれるなど、体を使ったクイズで汗を流した。

ゲーム関連のクイズのほか、昨季の千葉ロッテマリーンズ開幕戦に関する問題も出題され、練習場には子どもたちの元気な声が響き渡っていた。


■3パートに分かれて直接指導

クイズが終わると、大谷投手、伊志嶺外野手、田村捕手が入場。子どもたちは、投球・守備・打撃の各パートに分かれて指導を受けた。投球は大谷投手、守備は田村捕手、打撃は伊志嶺外野手が担当。子どもたちは全部門の練習を受けられるように、ローテーションでまわった。

大谷投手はブルペンで投げ込む子どもたちの投球を、時折り笑顔を見せながら見つめる。伊志嶺外野手は、ポールの上に置かれた球を力いっぱいスイングする子どもを一人ひとりチェックし、身振り手振り入念にアドバイス。


守備練習を担当した田村捕手は、ノックを受ける子どもたちからの返球を受けるなど一緒に汗を流し、途中からはバットを持って直々にノックを行った。練習後には一番大事な心がけとして、「球を受けてくれる相手に対して、思いやりをもって投げること」と呼びかけていた。

また、ブルペンでは大谷投手自らが投球。ストレートのほか、カーブやフォークなど、キレのある変化球を交えて4、5球を投げると、子どもたちの視線は間近で見るプロ野球選手の球に釘付け。「速いっ!」「すごいっ!」と驚きの表情を見せていた。

■選手との貴重な思い出

野球教室が終了すると、3選手から講評が行われた。特に頑張っていた子どもには選手からプレゼントが進呈され、グラブをプレゼントされた女の子の参加者に対して、子どもたちは羨望の眼差し。女の子は大事そうにグラブを抱えて喜びの表情を見せていた。

そのほかにもサイン会、参加者全員や少年野球チームごとに記念撮影などが行われるなど、至れりつくせり。憧れのプロ野球選手と過ごす夢のような時間に子どもたちは興奮。会場は終始熱気に包まれていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top