【GARMIN vivomove インプレ後編】健康で快適なライフスタイルの構築をサポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【GARMIN vivomove インプレ後編】健康で快適なライフスタイルの構築をサポート

ウェアラブル 国内

文字盤の右側に、一定の時間歩いていないと活動を促すムーブバーがある
  • 文字盤の右側に、一定の時間歩いていないと活動を促すムーブバーがある
  • 文字盤の左側に1日のターゲット歩数達成率。現在は55%の達成率だ
  • クラウドサイトでは1日の歩数や距離、睡眠の質、歩数競争の成果などがチェックできる
  • スマホと同期するには本体右のリューズを1秒押す。同期中は画面下に水色のラインが出現
  • 睡眠時間もわずかな身体の動きから見事に測定されている。日による睡眠時間が一目瞭然
  • 体重計で測定した数値は手入力。これにより運動量との相対性をチェックできる
  • パソコン画面に15分ごとにどれだけ歩いたかが棒グラフで表示されている
  • 睡眠レベルを表示。水色が深い眠り、紺が浅い眠り、紫は歩き回っているときだ
アスリート向けのライフログバンドをカジュアルな腕時計タイプにデザインして新登場した「vivomove(ヴィヴォムーブ)」。一目でわかりやすいシンプルなステップバーが文字盤の左側に、動きがない時間を表示するムーブバーが右側にあって、それらをチェックすることで毎日の活動量が分かる。

シンプルデザインのvivomoveはベーシックな機能だけを搭載したライフログバンドだ。ステップ(歩数)から1日の運動量を計算し、健康維持・増進に役立てていく。心拍モニターやGPSが搭載されたマルチスポーツウォッチとは使用する目的が異なるが、人間の基本的な動作となる「ウォーキング」をすることを提案し、「継続する」というモチベーションとなるアイテムである。

◆昨日の自分を超えるための「ターゲット歩数」

vivomoveが備えた機能の1つに「1日のターゲット歩数」というものがある。購入時にはデフォルトでその数値が1万歩に固定されているが、それをクリアしたら自動的にターゲット歩数が増え、クリアできなかったら減る。つまり毎日が「昨日の自分を超える」ことが目標となるのだ。スマホの「Garmin Connect mobile(Android/iOS)」アプリ、あるいはパソコンのクラウドサイト「connect.garmin.com」でターゲット歩数を変更して、自分にとって無理のない目標値に設定することもできる。

歩きが少なかったときは帰宅時に一駅前で下車して歩いて帰るなどしてカロリー消費を促進するなど、活動力アップにつなげる動機付けのアイテムとなる。アプリやクラウドサイト内では目標の達成状況や合計ステップに応じてバッジを獲得できたり、ネット上に集まった人たちとステップ数を競えるスコアボードがあるので、毎日楽しみながら続けられる。

◆スマホとの同期の仕方、他モデルよりも簡単

画面上には目標達成率と運動を促すムーブバーしか持たないvivomoveだが、さまざまな活動データが本体内で計測していて、スマホかクラウドサイトにデータ転送することで確認することができるのが特徴だ。データを転送することは「同期」という。この同期をするためにはあらかじめいくつかの作業を済ませておく必要がある。

まずはスマホの「Garmin Connect mobile」アプリの利用方法。Android、iOSともにダウンロードサイトから手持ちのスマホにインストールし、アプリを起動させ、初めて利用する場合はアカウント登録(登録済みの場合はサインイン)。Bluetoothがオフになっている場合はオンにする。続いてアプリの設定ページから「ガーミンデバイス」を選び、「vivo」→「vivomove」と選んでいく。そしてvivomoveのリューズ(クラウン)を3秒間プッシュすればスマホとペアリング完了。ここまで済めば、次にvivomoveのリューズを1秒間プッシュすれば同期される。

他のガーミンデバイスの場合はデバイス側の各部ボタンを動かして「設定ページ」からBluetoothボタンを選択し、ペアリング設定のためのパスワードを入力したりする必要がある。vivomoveはシンプルなだけにこのあたりの作業は不要だ。同期のやり方は他のモデルよりも簡単だと感じた。

◆パソコンでも詳細を閲覧可、健康なライフスタイル構築に役立つ

続いてパソコンを使ったクラウドサイトの利用方法。ガーミン社が提供する「connect.garmin.com」というサイトをブラウザで表示し、ユーザー登録などの設定を済ませる。そしてBluetoothを使ってパソコンと同期させる。USBで充電するタイプのガーミンデバイスはUSBケーブルを使って同期することもできるが、電池タイプのvivomoveはこれができない。スマホでもパソコンでもどちらかで同期したら、あとはどちらでも同じデータを閲覧できるのでとても便利だ。

こうしてvivomoveで取得した活動量をパソコンで見てみよう。まずは1日の歩数状況がわかる。棒グラフによって週間単位、月間単位の総歩数も表示される。また、15分ごとにどれだけ歩いたかが棒グラフで表示されている。デスクワークなどで歩いていない時間は赤い帯で表示される。また睡眠時間も表示されるが、さらにその詳細として眠りの深さの指標となる「深い睡眠」と「浅い睡眠」の時間帯、そしてその割合が確認できる。睡眠中の動きもチェックされている。寝返りが多いときはおそらく浅い睡眠で、夜中にトイレなどに起きたときはグラフが一気に上昇するので一目瞭然だ。

体重は手入力だが、継続的に記録することで活動量との相対性を突きとめることにつながる。vivomoveはライフログ機能を最低限に表示するシンプルデザインなのだが、隠れた機能は多く、健康で快適なライフスタイルの構築をサポートしてくれるはずだ。
《山口和幸@レスポンス》

まとめ

ウェアラブル アクセスランキング

  1. 脳の変化を感知、外部端末を脳波でコントロールするウェアラブル端末

    脳の変化を感知、外部端末を脳波でコントロールするウェアラブル端末

  2. メガネスーパーがウェアラブル端末「b.g.」…プロトタイプ発表

    メガネスーパーがウェアラブル端末「b.g.」…プロトタイプ発表

  3. 【GARMIN ForeAthlete230J インプレ後編】定番アクティビティも検証!自分好みに楽しもう

    【GARMIN ForeAthlete230J インプレ後編】定番アクティビティも検証!自分好みに楽しもう

  4. ウェアラブルセンサー・スマートシャツ「ヘキソスキン」発売

  5. 【GARMIN eTrex Touch 25J インプレ前編】お手頃価格で十分な機能を備えたモデル

  6. ウェアラブルカメラ4Kで撮影、シリーズ第1弾は元WBA王者のボクサー目線

  7. 【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ後編】もう「だまし峠」にはだまされない!コース設定でアクティビティに集中

  8. 【GARMIN eTrex Touch 25J インプレ中編】高性能モデルと比べると足りないところはあるものの、実用性は高い

  9. 【GARMIN eTrex Touch 25J インプレ後編】初めて購入するハンディGPSはこれで間違いなし!

  10. 居眠り警報器「スリープバスター」が進化、ウェアラブルタイプも

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら