ロッテがドラフトの裏側を公開…5球団競合「ほんと心臓に悪いよね」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテがドラフトの裏側を公開…5球団競合「ほんと心臓に悪いよね」

スポーツ 短信

千葉ロッテマリーンズYouTube公式チャンネルより
  • 千葉ロッテマリーンズYouTube公式チャンネルより
千葉ロッテマリーンズは10月21日、プロ野球ドラフト会議の裏側をYouTubeで公開した。ドラフト前に撮影された出陣の様子から、5球団競合のすえに佐々木千隼(桜美林大学)を引き当てた瞬間まで収められている。

ロッテは最初の入札で今ドラフト最大の目玉と注目された田中正義(創価大学)を指名。だが当たりくじを引いたのはソフトバンクだった。すぐに他球団は“外れ1位”を選ぶ。ここでロッテの目にとまったのが佐々木だった。1位指名されるだろうと思っていた逸材が、まさかの1巡目指名なし。すぐにロッテは狙いを佐々木に移す。

だが、ここでもまさかの5球団競合。最初の指名で抽選を外した全球団が、佐々木に殺到した。

佐々木の交渉権を獲得した山室晋也球団社長は、「ほんと心臓に悪いよね」と安堵の表情。抽選については、「1回目は欲出していろいろ触って…あれが失敗だったと思って、2回目は一番上にあるやつをそのまま引いた」と語った。


このビデオに野球ファンからは、「社長が球団に来てから本当にロッテ変わったし良くなった!あとは優勝するだけやで!」「迷いが無ければ良いのが引けるというのが運命というか、持っている人なんだな と思うね」「佐々木くんはロッテの印象はと聞かれた時にファンとともに闘ってる印象と言ってくれた。我らファンは精一杯の佐々木コールをしなければいけないね!」「ロッテの広報カメラは本当おもしろい!西武もやって!」「社長ナイス引きでした!」などのコメントを寄せている。

「佐々木獲れたのは大きい」と話している様子も映されており、ロッテとしては納得のドラフトだったようだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top