【GARMIN ForeAthlete 735XT J インプレ中編】トライアスロンに最適だがそれ以外にも | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【GARMIN ForeAthlete 735XT J インプレ中編】トライアスロンに最適だがそれ以外にも

ウェアラブル 国内

シンプルな標準画面。Connect IQアプリでウォッチフェイスをカスタマイズできる
  • シンプルな標準画面。Connect IQアプリでウォッチフェイスをカスタマイズできる
  • ランやバイク、屋外スイムではGPSによって移動ルートなどさまざまなデータを集積する
  • 操作ボタンは左サイドに3つ。反対側の手で操作しやすい右サイドにスタートボタンとバックキーがある
  • ライフログ機能で1日の歩行数とその達成率を瞬時にチェックできる
  • 心拍数はグラフ表示され、練習中や終わったあとに手元で確認できる
  • 心拍数の変化は色づけされたグラフで推移をチェックできるので楽しい
  • レースや練習コースをゴールしてストップボタンを押す。「保存」を選択して記録しておこう
  • 公園の水飲み場で立ち止まったときはいったんストップボタンを押して、練習再開時に「再開」を選択すればいい
光学式心拍計と走行データを集積するGPSを搭載し、マルチスポーツに対応した最新モデルとしてForeAthlete(フォアアスリート)735XT Jが登場した。水泳、自転車、ランを連続して行うトライアスリートのみならず、それぞれのスポーツに打ち込むすべての人におすすめ。

◆ボタンを押すだけで次のアクティビティに

ForeAthlete 735XT Jがトライアスロンに適したモデルであると言い切れるのは、あらかじめ種目(アクティビティ)をセットしておけばラップボタンを押すだけで次の種目に移ることができるという点だ。これは「マルチスポーツモード」と呼ばれる設定で、一般的なトライアスロンなら「スイム」→「バイク」→「ラン」と設定する。デュアスロンだったり悪天候でスイムが中止になってランに置き換えられたような場合なら「ラン」→「バイク」→「ラン」と設定しておけばいい。

種目ごとのアクティビティをどうして選択しなくちゃいけないのかという疑問がある。単純に考えたら各種目の所要時間を計測して、前回よりも速かったとか、もっと練習をしなくきゃいけないなとか、そんな指標を得るためにタイム計測するだけでいいのでは?なんて数十年前の体育の授業のような考えにとらわれる旧世代(ボクを含めて)の人も多いと思うが、このガジェットには種目に特化した専門データが取得できるようにあらかじめプログラムされているのである。

たとえばランなら所要時間だけではなく、ピッチやペース配分がデータ所得できるように変わるし、別売のハートレートセンサー HRM-Runや HRM-Triを使用すればアドバンスドランニングダイナミクス機能が起動して接地時間バランス、歩幅、上下動比などを数値化。無駄のない力で走れる理想的なランニングフォーム構築をサポートしてくれる。バイクモードにすれば平均時速や最高速が高低差や心拍数の変化と連動。さらには別売センサーを投入すればランのアドバンスドランニングダイナミクス機能のように左右のペダリングトルク解析もできるようになる。

◆競技によって様々なデータを蓄積

スイムモードがあるのもForeAthlete 735XT Jの特徴である。スイムを選べば腕のストローク数(水をかく回数)などがチェックできたり、所要時間とストローク数の合計によって運動量を算出する機能があるなど、その種目のパフォーマンスを高めるためのデータが取得できるようになっているのだ。室内スイムと屋外スイムが選択でき、GPS衛星信号が届かない室内スイムでトレーニングする場合も加速度センサーからターンや泳法、ストローク数を認識。あらかじめプールサイズを入力しておけばペースやラップをデータ取得できる。

屋外でのGPS衛星信号補足はまずまずのレベルだ。これまでいくつものGPSウォッチをインプレしたが、マルチスポーツトレーニング用GPSウォッチのfenix 3Jほどではないかもしれない。GPS、GLONASS、みちびき三測位対応が採用され、内蔵のEXOリングアンテナによって安定した受信が可能なfenix 3Jに比べると、ForeAthlete 735XT Jは高層ビルの多い都心部や崖や森林に覆われた渓谷では取得したコースが実際のルートとは外れがちだ。それでも一般的な市街地や郊外ではまったく問題ないレベル。トレーニングの足跡をしるすためには十分だ。

◆スマホ、PC連携ももちろん対応

保存データは適当なときにスマホに転送しておくといい。あらかじめ「connect.garmin」アプリをインストールする。続いてBluetoothをオンにしてForeAthlete 735XT Jと手持ちのスマホのペアリング設定を済ませる。

「connect.garmin」アプリにデバイス登録をする際には「製品ファミリ」という項目にForeAthlete 735XT Jが表示されるのだが、登録を済ませて同期(データを送り込むこと)する際には「Forerunner 735XT」と表示されてしまう。これは米国でのモデル名で、日本では「ForeAthlete 735XT J」のこと。このように表示されてもアプリ内ではまったく問題ないので気にしなくていい。

ここまでやっておけばアプリを起動してしばらくすると自動的に同期する。パソコン利用者なら、ガーミン社が提供する「connect.garmin.com」というクラウドサイトでさまざまな走行記録の閲覧が可能。Connect IQアプリも利用可能で、好みの機能やウォッチフェイスをインストールしてカスタマイズできる。
《山口和幸@レスポンス》
page top