【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた!

イベント スポーツ

イグアスの滝 参考画像
  • イグアスの滝 参考画像
  • 【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた!
  • 【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた!
  • 【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた!
  • 【オビナタの世界放浪記】世界最大、イグアスの滝にボートで飛び込んできた!
アルゼンチンとブラジルの2国にまたがる世界最大の滝「イグアスの滝」に行ってきました。その様子をレポートします。

イグアスの滝は、北米の「ナイアガラの滝」、アフリカの「ビクトリアの滝」と並ぶ「世界三大瀑布」のひとつです。壮大さという点においては、ほかの2つの滝を遥かに凌駕しています。滝幅は約4km。270以上の滝が連なり、最大落差80m、毎秒6万5000トンの水量を誇ります。

数字でもなんとなくスゴいですが、とにかく生で見ると本当に圧倒されて、アタマがカラッポになりました。考えていたことが丸ごと吹き飛ばされるというか。

あの音、水しぶき、光…。写真や動画、仮にVR技術が発達しても伝えられない「何か」が現地にはあったように感じました。


イグアスの滝

かつてこの滝を訪れた米国のルーズベルト大統領夫人が、「かわいそうな私のナイアガラ」とつぶやいたという話があります。世界三大瀑布でもあるナイアガラの滝と比較してもそう思わせるのだから、まさにこのエピソードがイグアスの滝の壮大さを象徴していると思いました。

私は2日間かけてこの滝をじっくり見てきました。ブラジル側、アルゼンチン側の両方から滝を楽しむことができます。どちらか片方だけではなく、両方見ることをオススメします。どちらから見てもそれぞれの魅力があります。ただ、アルゼンチン側の方が圧倒的に広く、見る時間はかかります。



アクティビティーで人気があるのはアルゼンチン側のボートツアー。イグアスの滝に飛び込むことができるのです!

まるで嵐の中にいるようでした。ずぶ濡れ必須。四方八方から体中の穴という穴に滝の水が注ぎ込んできて、溺れている感覚に近かったです。


ボートで突入!

GoProで体験映像も撮ってみました。改めて見ても、ハンパじゃないですね。目も開けていられなかったし、息もできなかった時があるくらいでした。


アクティビティーに参加するには日本円でおよそ3000円(2016年9月7日現在)が必要ですが、その価値はあると思います。イグアスの滝を訪れた際は、ぜひ体験してみてください!
《大日方航》

編集部おすすめの記事

まとめ

イベント アクセスランキング

  1. 稲村亜美、野球を熱く語る…来年は甲子園で始球式「110キロ出したいですね」

    稲村亜美、野球を熱く語る…来年は甲子園で始球式「110キロ出したいですね」

  2. 稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加

    稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加

  3. 大谷翔平「あのメンバーならどっちも使わない」…自分が侍ジャパンの監督だった場合の二刀流の起用法

    大谷翔平「あのメンバーならどっちも使わない」…自分が侍ジャパンの監督だった場合の二刀流の起用法

  4. 稲村神に改名?TIMの提案に稲村亜美、「いいですね」

  5. 橋本マナミはマナー違反?サイクルウエア姿に「事故を起こしそう」

  6. 大谷翔平、秋山翔吾の印象について「とにかくやさしい。怒ることがあるのかな~」

  7. フレーム職人の技を感じる「ハンドメイドバイシクル展」が開催

  8. クライマー・楢崎智亜の“超人技”に魔裟斗&朝比奈彩が驚愕…クライミング体験イベント『au CLIMBING FES』

  9. 秋山翔吾、侍ジャパンでの打順について「9番が合ってるかもしれないっす」

  10. 小島瑠璃子が“特命営業部長”に就任、「書き初め」で部の方針を表明!…ブラザー新製品発表会

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら