【リオ2016】ボルトが3種目で3連覇、圧倒的な強さで五輪を終える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【リオ2016】ボルトが3種目で3連覇、圧倒的な強さで五輪を終える

スポーツ 選手

【リオ2016】ボルトが3種目で3連覇、圧倒的な強さで五輪を終える
  • 【リオ2016】ボルトが3種目で3連覇、圧倒的な強さで五輪を終える
  • ウサイン・ボルト 参考画像(2016年8月14日)
リオデジャネイロ五輪で8月19日、陸上男子の400メートルリレーが行われ、ジャマイカ(アサファ・パウエル、ヨハン・ブレーク、ニケル・アシュミード、ウサイン・ボルト)が37秒27で金メダルを獲得した。

1走から元世界記録保持者のパウエルが登場するジャマイカ。個々の走力では随意一の韋駄天集団はバトンをつなぎ、最後の直線でアンカーのボルトが追いすがる日本、アメリカを引き離してゴール。

ボルトは100メートル、200メートルに続く3個目の金。3大会連続3種目制覇の大偉業を成し遂げた。


史上初の3種目3連覇を達成したボルトに陸上ファンからは、「最終ランナーまでぎりぎりだったのに圧倒的大差をつけてゴールしたね」「三連覇とかヤバすぎ。どれも圧倒的だったな」「さらば偉大なアスリート」「ボルトは競泳のフェルプスと並んで、神みたいな感じ」「なんだかんだ言いながらボルトは凄過ぎる。 これが最後の五輪とは」「ボルトは圧倒的に早いだけじゃなく、レースのなかで「強い」」などの声が寄せられている。

今回が最後の五輪と宣言して臨んだボルト。レース後に更新したツイッターでは、「ファンは決して私を疑わなかった」と感謝のメッセージを残している。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top