スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位

スポーツ 短信

スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
  • スポーツクライミング・楢崎智亜、日本人男子初の世界ランキング1位
スポーツクライミング「TEAM au」の楢崎智亜が、IFSCクライミングワールドカップ ミュンヘン大会(ボルダリング種目)で、日本人男子初の2016年世界ランキング1位を獲得した。

IFSCクライミングワールドカップは、2016年8月12日(金)~13日(土)に開催。TEAM au所属の野口啓代、野中生萌、藤井快、楢崎智亜が出場し、野中と楢崎がダブル優勝を達成した。また野口も3位に入り、TEAM au所属の3選手が表彰台に立った。藤井は、惜しくも決勝進出を逃した。

今シーズンのIFSCクライミングワールドカップ(ボルダリング種目)は、ミュンヘン大会で全7戦が終了。4選手は、6個の金メダルを含む16個のメダルを獲得した。2016年間ランキングは、楢崎が男子1位、藤井快が男子2位、野中が自身最高位となる女子2位、昨シーズンのチャンピオン野口が女子4位となった。また日本代表は、3年連続で国別ランキング1位を獲得した。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top