日本の魅力を発信するジャパンハウスがリオにオープン…「蛇口から水がそのまま飲めるなんて」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本の魅力を発信するジャパンハウスがリオにオープン…「蛇口から水がそのまま飲めるなんて」

イベント スポーツ

日本の魅力を発信するジャパンハウスがリオにオープン…「蛇口から水がそのまま飲めるなんて」
  • 日本の魅力を発信するジャパンハウスがリオにオープン…「蛇口から水がそのまま飲めるなんて」
  • 日本の魅力を発信するジャパンハウスがリオにオープン…「蛇口から水がそのまま飲めるなんて」
「蛇口をひねって、そのまま水が飲める。この事実にブラジルの人は驚くだろう」

そう語ったのはジャパンハウス、東京都エリアのPRスタッフだ。リオデジャネイロのバッハ地区に、「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」(以下、ジャパンハウス) が現地時間の8月4日よりオープンする。

ジャパンハウスは東京2020大会の魅力を紹介する展示コーナーや、日本文化の体験コーナーなどをオリンピック、パラリンピック期間中に展示し、各国の関係者や一般来場者に日本、開催都市東京の妙味などを発信する。

紹介する対象物によって8つのエリアに分かれているが、編集部は「東京都エリア」に足を運んでみた。

このエリアは「水の都」をテーマに据え、様々な体験型の展示を通して東京都の魅力をアピールする。中でも、東京都水道局が奥多摩から採取した水を「蛇口からそのまま飲める」という体験が目を引いた。

およそ2・5トンの水をこの地まで運んできたという。

「ブラジルでは水を買うしかない。その点東京は飲み水も、洗濯するのに使う水も同等に近いクオリティであり、ブラジルの人を驚かせます。ブラジルでは、洗濯する水は泥水に近いですし」

オープン以降は一般人も来場可能となる。世界各国の人の反応が楽しみだ。


《大日方航》

編集部おすすめの記事

まとめ

イベント アクセスランキング

  1. 稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加

    稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加

  2. もちもち柔肌の月城まゆ、ミスFLASH2017グランプリ受賞

    もちもち柔肌の月城まゆ、ミスFLASH2017グランプリ受賞

  3. 稲村亜美、野球を熱く語る…来年は甲子園で始球式「110キロ出したいですね」

    稲村亜美、野球を熱く語る…来年は甲子園で始球式「110キロ出したいですね」

  4. 西武の新キャプテン・浅村栄斗、新背番号「3」を初披露…辻監督「やってもらわないとこまる」

  5. 西武ドームの名称が「メットライフドーム」に…監督、キャプテンに続いて球場も心機一転!

  6. 【バレーボール】V・プレミアリーグの放送カード決定…GAORA SPORTS

  7. 柳沢慎吾、トークショーで喋りっぱなし。今年は球団職員が逮捕!?

  8. 【記者ブログ】リオオリンピック、なぜビーチバレーだけ深夜開催なのか?

  9. プロサーファー・仲村拓久未、WORLD SURF LEAGUE「Sho City Pro」2位入賞

  10. 大阪・ひらかたパーク、スケート&雪遊び「ウインターカーニバル」12/2オープン

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら