26歳ボートレーサーの今…富樫麗加は体幹強化、今泉友吾は最低体重 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

26歳ボートレーサーの今…富樫麗加は体幹強化、今泉友吾は最低体重

スポーツ 短信

照れながら“モンキーターン”を見せてくれた富樫麗加選手
  • 照れながら“モンキーターン”を見せてくれた富樫麗加選手
  • 記者陣にモンキーターンを見せる今泉友吾選手
  • ペアボート試乗会(ボートレース平和島)
  • 3連対率(3着以内入着確率)55.43%という若手精鋭、今泉友吾選手
  • 白百合女子大から水上の格闘技界へ飛び込んだ富樫麗加選手
  • 45歳、山田竜一選手は3連対率(3着以内入着確率)68.84%。ベテラン強豪レーサーは誰にも優しく接してくれた
  • 白百合女子大から水上の格闘技界へ飛び込んだ富樫麗加選手
  • 3連対率(3着以内入着確率)55.43%という若手精鋭、今泉友吾選手
ボートレース平和島でメディア向けペアボート試乗会が行われ、ふたりの20代ボートレーサーの華麗な操縦を体験した。ともに東京都出身、B型、1989年生まれの26歳という今泉友吾(ゆうご)選手と富樫麗加選手は、アグレッシブな走りからは想像しがたい優しい笑顔を見せた。

今泉選手は昨年11月から今年の4月末時点で、出走回数92回、勝率5.5、3連対率(3着以内入着確率)55.43%という精鋭。7月は大村(長崎)、8月は桐生(群馬)、平和島(東京)と転戦し、「試合前に体重を(男子レーサー最低体重の)51kgになるよう調整する」という。メディア関係者には、直線時からのターン時の姿勢「モンキーターン」などを見せてくれた。


記者陣にモンキーターンを見せる今泉選手

また、富樫選手は白百合女子大学に通っていたころ、聞こえてきたエンジン音に惹かれ、レースを間近で見たとき「これだ!」とボートレーサー養成学校への入学を決意。大手企業の内定を蹴って、ボートレースの世界へ飛び込んだ。出走回数80回、勝率4.2、3連対率35%だが、負けず嫌いの性格でさらに勝ちにこだわっていく。

「大学1年生のとき、ボートレース多摩川でレースを見てひと目ぼれしちゃって、そこからボートレーサーを目指しはじめました。両親との約束で大手企業の就職内定ももらったけれど、それを蹴ってボートレーサーになりました。普通の会社に就職した人たちと比べて、ボートレースは自分が頑張ったぶん(賞金など)返ってくるところがいいですね。今はレースで6艇いっしょに走っているときがいちばん気持ちいい」

お嬢様系女子大から、水上の格闘技界へ。162cm・54kgの美人ボートレーサーは、「体重1~2kgの変化で走りはぜんぜん違ってきます。筋肉をつくって体重を増やすより、ヨガなどで体幹を鍛えるようにしています」と笑顔で伝えていた。


ボートレース平和島のペアボート試乗会

7月1日からは、モデルで女優のすみれや、お笑いコンビ・トレンディエンジェル(たかし・斎藤司)が出演する新CMも始まったボートレース。全国のボートレース場で開催される「ペアボート試乗会」では、スリリングで迫力ある滑走を体験できるほか、こうした選手たちとのふれあいや、リアルの声を聞くこともできる。

ボートレース平和島を主催・施工する府中市は、「こうした体験会を通して、ボートレースのファンを増やしたい。まず興味を持ってもらうことから」と話していた。


《大野雅人》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. ジョコビッチ、会見で記者とバトル「君らはいつもそうだ」

    ジョコビッチ、会見で記者とバトル「君らはいつもそうだ」

  2. 木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

    木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

  3. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  4. 女子フィギュア・本田真凜&望結の姉妹ツーショット「可愛すぎる!」

  5. 山の神になれなかった内田翼…社会人として次なる夢に挑む

  6. 錦織圭が日本人で最も稼ぐスポーツ選手!年収は35億円超え

  7. 田中将大と大谷翔平がキャッチボール…「すごいなぁ」とファンもため息

  8. FAの上原浩治、球団公式サイトは「最大の損失」

  9. 甲子園出場を決めた出雲高校、歓喜に沸く中キャッチャーだけは輪の外に…なぜ?

  10. 田中将大の魔球に驚きの声「アインシュタインでも解明できない」

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら