2020東京を想像しながら歩こう…ジャパンウォーク in TOKYO | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020東京を想像しながら歩こう…ジャパンウォーク in TOKYO

イベント スポーツ

会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
  • 会場には、伊藤華英、上田春佳、荻原次晴、具志堅幸司、鈴木大地、高尾千穂、田中琴乃、田中理恵、勅使川原郁恵、中川真依、山本博、山本洋祐などのオリンピアン、上與那原寛和、太田渉子、河合純一、神保康広、須藤正和、田口亜希、花岡伸和、福留史朗、三宅克己といったパラリンピアンも駆けつけた
1500人が参加した「ジャパンウォーク in TOKYO ―オリンピアン・パラリンピアンと歩こう」(東京・豊洲、5月21日)には、2012年ロンドン五輪で活躍した元体操日本代表の田中理恵さんも登場した。

スタート前に、「パラリンピアン、オリンピアンのみんなとのウォーキングが楽しみ」と田中さん。

「みんなと歩きながら、いろいろな景色を眺めて、多くの人たちとリフレッシュできる時間を作りたい。ステキな時間にしたい」

ジャパンウォーク実行委員会の福地献一実行委員長は、「このイベントは、2020東京のオフィシャルパートナー、8社が共同で企画した。今日ほど障がいを持つ人たちが大勢集まって、そうでない人たちと一緒に歩くイベントはほかにない。2020東京のビジョンのなかに、『一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)』がある。このテーマに共感して実施するもの。このイベントを通じて、老若男女、尊重しあうきっかけになれば。ブラインドサッカーや車いすバスケも体験できるから、2020年のオリパラ会場を想像しながらみんなで楽しんで」と伝えた。

また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は、「このイベントを通して、2020東京の気運を盛り上げてほしい。エンブレムもいよいよ決まり、発表された。夏にはリオでオリンピックが開催されるが、9月になるとそれが終わり、世界中から東京に耳目が集まってくる。このイベントはそれに先駆けて催されるもの。こうして実現できてありがたい」と話した。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

page top