元プロ野球選手・野村弘樹フェアプレー考 #1…感謝の心で「勝たせてもらった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元プロ野球選手・野村弘樹フェアプレー考 #1…感謝の心で「勝たせてもらった」

スポーツ 選手

國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2016年2月24日)
  • 「フェアプレイスクール」が行われた國學院大學久我山中学高等学校(東京都杉並区久我山)
1998年に横浜ベイスターズを日本一に導いた元プロ野球選手の野村弘樹氏(PL学園→大洋→横浜)が、東京の国学院久我山高校で生徒たちとフェアプレーについて討論。「講義」では、生徒たちに「フェアプレイにはガマンも要る。ガマンすることで成長も感じる」と伝えた。

野村氏はPL学園の高校時代、大洋・横浜のプロ時代を振り返り、「自分たちにとってなにがフェアプレーか、逆になにがアンフェアかを考えてみて」と投げかけた。

「僕の場合、ピッチャーにとってフェアかアンフェアかで一番大きいのは、審判のストライクとボールの判定。自分がストライクと思っていても、ボールと言われる時もあれば、ストライクと言われることもある。野球というスポーツは、人間がやってること。間違えは誰にもある」

高校野球、プロ野球と第一線で活躍してきた左腕は、フェアとアンフェアがあるマウンドで、ひとつの気づきを得たという。

「ずっと野球やってて一番、感じさせられたのは"我慢"。それはフェアプレイも含めて。我慢することによって成長させてもらった。ピッチャーって孤独で、チームメートに打ってもらって、守ってもらわないと勝てない。投手は我慢し続けて投げなければならない」

「ガマンすることとともに、感謝の心も出てきた。PL学園の時もそう感じた。『勝った』じゃなくて、『勝たせてもらった』とか『優勝させてもらった』という表現にもなってきた」

38年ぶりのリーグ優勝に貢献した左腕。この講義に続く討論会へ向け、「今までのことでもいいし、これからのことでもいい。フェアプレーについて考えてみてほしい。30分しかないと思うからあかんねん、30分もあると思えばいいねん。あ、なんか、先生になった気分っていいね」と生徒に語りかけていた。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. チアリーダーにオレンジ色のバラを渡すアメフト選手たち。涙が溢れる理由とは…

    チアリーダーにオレンジ色のバラを渡すアメフト選手たち。涙が溢れる理由とは…

  2. ジョコビッチ、会見で記者とバトル「君らはいつもそうだ」

    ジョコビッチ、会見で記者とバトル「君らはいつもそうだ」

  3. 錦織圭が日本人で最も稼ぐスポーツ選手!年収は35億円超え

    錦織圭が日本人で最も稼ぐスポーツ選手!年収は35億円超え

  4. 山の神になれなかった内田翼…社会人として次なる夢に挑む

  5. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  6. 中田英寿はゴルフでも一流になれるのか。「なぜドライバーを使うんだ?」

  7. 木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

  8. 錦織圭、2020年世界トップ4予想「フェデラーはさすがにいないと思いますが…」

  9. 本田圭佑、ミランで先発続き「嬉しい。A代表ではフォワード」ハリルホジッチ監督

  10. スーツを着こなしたサッカーイタリア代表選手たちの姿がシビれるほどカッコイイ

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら