韓国~日本、総距離1900キロを走破…「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京にゴール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

韓国~日本、総距離1900キロを走破…「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京にゴール

イベント 文化

韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
  • 韓国-日本、総距離1900キロを「両輪で走る新朝鮮通信使」が東京でゴール
日韓国交正常化50周年を記念し、韓国人と日本人50人が韓国のソウルから日本の東京まで総距離1900キロを22日間かけてを走る「両輪で走る新朝鮮通信使」が11月1日、東京都庁でゴールを迎えた。

この祭典は一般公募で集まった韓国25人と日本25人が、両国の友好の象徴である朝鮮通信使のルートを自転車で一緒にたどるものだ。友情を深め、韓国と日本の経由各地で地元住民たちとの交流を通じて友好を深めるのが目的。

メンバーはやや男性の方が多く、そのひとりは最年長で79歳の日本人だ。各滞在場所では交流会が開催。大阪府から滋賀県までの2日間は女性ユニット「ちゃりん娘」の深井愛さんも参加するなど、さまざまな出会いがあった。

50人が列をなし両国の小さな国旗をはためかせながら走る姿に、すれ違う沿道の人々は手を振って声援を送った。
《》

編集部おすすめの記事

page top