アシックス、ウェアラブル端末の実証実験 第5回神戸マラソンで市民ランナーを公募 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アシックス、ウェアラブル端末の実証実験 第5回神戸マラソンで市民ランナーを公募

新着 製品/用品

アシックス、ウエアラブル端末実証実験
  • アシックス、ウエアラブル端末実証実験
  • アシックス、ウエアラブル端末実証実験
アシックスは、11月5日開催の第5回神戸マラソンでウェアラブル端末を用いた市民ランナーのデータを実証実験すると発表した。

実験は、神戸市と連携し、同大会に参加するランナーが対象。10月16日より一般公募する。スマートバンドなどのウェアラブル端末で歩数や歩幅、ペースなどを計測し、分析を行う。

ウェアラブル端末は3種類で、「スマートバンド」「スマートウオッチ」「スマートヘッドホン」となっている。

スマートバンドでは、5キロメートルごとのラップタイムや歩数、歩幅が計測できる。

スマートウオッチはペース推移が可視化されて表示されるので、走りながらでペース配分を確認できる。

スマートヘッドホンは、歩数や消費カロリー、ランニングログがわかるほか、ペース管理をサポートする音楽再生が体験できる。

取得したデータは、後日、被験者に届くとともにランニングの新しい楽しみ方へのアプローチとして活用する。

今後は、各種スポーツイベントで順次実施し、スポーツIoT(モノのインターネット)による新たなスポーツの楽しみ方や効率的なトレーニングサービスを提案する。

(募集について)
10月16日よりアシックス ウェアラブルサイトにて受付
・実施日時: 11月15日(日)9:00から16:00
・開催場所: 第5回神戸マラソン会場内
・ウェアラブル端末と対象者数:
(1)スマートバンド 約40名
(2)スマートウオッチ 約10名
(3)スマートヘッドホン: アシックス関係ランナー 約10名
《》

編集部おすすめの記事

page top