世界のスポーツ記者が選ぶアスリートオブザイヤー、日本からのノミネートは錦織でも羽生でもなく意外なスポーツ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界のスポーツ記者が選ぶアスリートオブザイヤー、日本からのノミネートは錦織でも羽生でもなく意外なスポーツ

スポーツ まとめ

田児賢一 参考画像(2014年12月17日)(c)Getty Images
  • 田児賢一 参考画像(2014年12月17日)(c)Getty Images
  • 錦織圭(9月3日) (c) Getty Images
  • 羽生結弦(2014年12月27日)(c)Getty Images
  •  AIPS・国際スポーツプレス協会のアスリートオブザイヤーに、男子は陸上競技のウサイン・ボルト(得票率30.24%)、女子はテニスのセレーナ・ウィリアムズ(22.25%)が選出された。
AIPS・国際スポーツプレス協会に所属する世界各国のスポーツ記者が選出するアスリートオブザイヤー。サッカーのメッシやクリスティアーノ・ロナウド、テニスのセレーナ・ウィリアムズらに混じって日本勢もノミネートされたが、意外なスポーツが国際的に評価されていた。

AIPSのアスリートオブザイヤーは男子、女子、チーム、大会の4部門でそれぞれ2014年に最も活躍したスポーツ選手やチーム、大会を記者の投票によって選出する。2013年は陸上競技のウサイン・ボルトが2年連続4回目の栄冠に輝いた。

日本国内では2014年に大活躍したスポーツ選手としてテニスの錦織圭、フィギュアスケートの羽生結弦が真っ先に挙げられるが、国際的なスポーツシーンで取材する記者らがノミネートしたのは日本のバドミントン男子チームだった。

5月にインドで開催されたバドミントン国別対抗戦のトマス杯で日本が優勝したことが国際的には高く評価された。2013年のノミネートはレスリング女子の伊調馨だけだったことも含めて、国際的な視点では日本国内の報道の比重と差意があることがうかがえる。

投票は12月28日に投票最終日を迎え、年末までに発表される予定。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. ダルビッシュ有「こんなんでレギュラーとれるのか?」…日本ハム・杉谷拳士の爆笑動画を公開

    ダルビッシュ有「こんなんでレギュラーとれるのか?」…日本ハム・杉谷拳士の爆笑動画を公開

  2. 甲子園出場を決めた出雲高校、歓喜に沸く中キャッチャーだけは輪の外に…なぜ?

    甲子園出場を決めた出雲高校、歓喜に沸く中キャッチャーだけは輪の外に…なぜ?

  3. ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

    ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

  4. ダルビッシュ有が“左投げ”動画を公開…キレッキレの変化球を披露

  5. 木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

  6. 田中将大と大谷翔平がキャッチボール…「すごいなぁ」とファンもため息

  7. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  8. 中田英寿はゴルフでも一流になれるのか。「なぜドライバーを使うんだ?」

  9. 長友佑都、長谷部誠&岡崎慎司にイタズラ…本田圭佑が隣で「何やってるんやろ。笑」

  10. ダルビッシュ有、貫禄を漂わせる日本ハム・中田翔の動画を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら