芳醇な味とねっとり食感が人気のフルーツ、バンレイシ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

芳醇な味とねっとり食感が人気のフルーツ、バンレイシ

バンレイシと呼ばれる、ちょっと変わった形のフルーツをご存知だろうか?バンレイシは独特の味と口当たりが病みつきになると人気の高い、南国のフルーツだ。珍しい果物、バンレイシの魅力を紹介しよう。

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
芳醇な味とねっとり食感が人気のフルーツ、バンレイシ
  • 芳醇な味とねっとり食感が人気のフルーツ、バンレイシ

オリジナルサイトで読む >

芳醇な味とねっとり食感が人気のフルーツ、バンレイシ

バンレイシと呼ばれる、ちょっと変わった形のフルーツをご存知だろうか?バンレイシは独特の味と口当たりが病みつきになると人気の高い、南国のフルーツだ。珍しい果物、バンレイシの魅力を紹介しよう。

1. バンレイシの概要

バンレイシはお釈迦様の頭のような外見であることから、釋迦頭(シャカトウ)とも呼ばれている。英名はSugar Apple(シュガーアップル)。中南米が原産だが、現在は熱帯地域や亜熱帯地域で広く栽培されている。台湾やベトナムでは身近な果物として親しまれている。

果肉は乳白色で、全体に黒く固い種が入っている。種には毒性があるため、果肉と一緒に飲み込まないようにする。

2. バンレイシの味と食感は?

熟したバンレイシの果肉は、クリーム状のねっとりとした舌触りで、濃厚な甘さとともに、ほんのりと酸味もあり、後味はスッキリとしている。

栄養成分はビタミンC、ビタミンB、プロテイン、カルシウムなどが含まれており、栄養価の高いフルーツとして、病人や産後の女性に最適といわれている。

3. 美味しく食べるには

バンレイシは通常、熟す前に収穫し追熟させて食べる。皮の表面が弾力のある柔らかさになったら食べ頃だ。熟すと手で簡単に実を割ることができ、皮も手でポロポロとはがすようにむくことができる。こうして生食でかぶりついて食べるのが現地流のようだ。

もう1つの楽しみ方はスムージー。甘みが強くスイーツを食べている感覚だ。熟したものは冷蔵庫で冷やして食べるが、長期間保存をすると味や食感が悪くなるため早めに食べたほうがいい。

結論

現在、生のバンレイシは沖縄でも栽培されており、収穫シーズンは夏の終わりから冬になる。苗から自家栽培に挑戦するのも楽しいだろう。バンレイシの豊かな栄養と、美味しさを体験してみよう。

フルーティーでクリーミー!熱帯の果実、サワーソップ投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top