肉の下処理が料理の味を決める?豚肉を美味しく食べるコツ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

肉の下処理が料理の味を決める?豚肉を美味しく食べるコツ

豚肉は、とんかつや炒め物、煮込みなど幅広い料理に対して利用可能であり、ビタミンなどの栄養素が豊富な食材だ。買ってきたものをそのまま調理してもいいが、下処理をしっかりすればより美味しく食べることができる。ここでは豚肉の下処理の方法を紹介する。

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
肉の下処理が料理の味を決める?豚肉を美味しく食べるコツ
  • 肉の下処理が料理の味を決める?豚肉を美味しく食べるコツ

オリジナルサイトで読む >

肉の下処理が料理の味を決める?豚肉を美味しく食べるコツ

豚肉は、とんかつや炒め物、煮込みなど幅広い料理に対して利用可能であり、ビタミンなどの栄養素が豊富な食材だ。買ってきたものをそのまま調理してもいいが、下処理をしっかりすればより美味しく食べることができる。ここでは豚肉の下処理の方法を紹介する。

1. ドリップの拭き取りが美味しさに直結

ドリップと呼ばれる水分が出るので、まずはそれをペーパーで拭き取る。特に冷凍された肉から出ることが多く、出れば出るほど旨味を損なうとされ、さらにこのドリップは肉の臭みを出す原因とも言われている。買うときは血やドリップが出ていないものを選ぶといい。

2. 豚肉のうまみを引き出す筋切り

筋繊維が繋がったままだと、火を通すときに縮んでしまう。縮めばそれだけ肉が固くなるため、調理する前に筋切りをしよう。脂身と赤身の境に数カ所切れ目を入れる。多く切りすぎると、逆に旨味が出てしまうので、目安としては3〜4箇所だろう。格子状に切れ目を入れると、火の通りも均一になる。

3. 余分な脂身はなるべく除去

豚肉のなかでも細切れになったものを使用する際には注意が必要である。少々安い豚肉には脂身が多くついている可能性が高い。豚肉の脂身ももちろん美味しいが、脂身が多すぎると旨味を半減させてしまうので、適度にカットするのも良いだろう。

結論

豚肉は用途が多岐に渡る便利な食材である。コスパに優れており、下処理を正しく行うことで美味しさも増す。今回紹介したものを参考に、豚肉を調理してみてはいかがだろうか。

豚のしょうが焼き、美味しく作るには?種類、肉の選び方、下準備のポイント投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top