スポンジとペットボトルで育てよう!水菜を水耕栽培するには | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポンジとペットボトルで育てよう!水菜を水耕栽培するには

水菜は家庭でも簡単に栽培できるという。水耕栽培という方法を活用するのだが、水菜を水耕栽培する場合のやり方や適切な時期、上手な育て方を紹介しよう。身近なアイテムを準備して、水菜の水耕栽培にぜひチャレンジしてみてほしい。

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
スポンジとペットボトルで育てよう!水菜を水耕栽培するには
  • スポンジとペットボトルで育てよう!水菜を水耕栽培するには

オリジナルサイトで読む >

スポンジとペットボトルで育てよう!水菜を水耕栽培するには

水菜は家庭でも簡単に栽培できるという。水耕栽培という方法を活用するのだが、水菜を水耕栽培する場合のやり方や適切な時期、上手な育て方を紹介しよう。身近なアイテムを準備して、水菜の水耕栽培にぜひチャレンジしてみてほしい。

1. 水菜の基本情報

水菜は別名「京菜」とも呼ばれ、日本(京都)原産の野菜と考えられている、アブラナ科アブラナ属の京野菜。畑の畝の間に水を引き入れて育てたことから、水菜という名が付いたとされている。柊のような葉の形をしていることから、「柊菜」と呼ばれることもある。

江戸時代前期にはすでに京都で栽培され、漬物やお浸しなどに利用されてきたといわれている。京都の名産物として全国に普及したことから、「京都の漬菜」という意味で京菜とも呼ばれるようになったのだという。お浸しや漬物以外にも、肉の臭みを消す作用があることから、比較的癖のある鴨肉や鯨肉、牡蠣などを使った鍋料理にもよく使われてきたが、茎がより細くてやわらかい生食用の水菜が開発されたことから、サラダとしても食されるようになった。

生育適温は15~20度と涼しい気候を好み、秋から冬にかけてが生育の最適期だとされるが、水耕栽培などを活用することで、ほぼ年中育てることができる。

水菜の変異種に「壬生菜(みぶな)」と呼ばれるものがあり、こちらも京都市壬生エリアで古くから栽培されてきた。水菜よりもやや辛みが強く、水菜特有の葉柄のギザギザがなくへら形をしているのが特徴だ。

2. 水菜を水耕栽培で育てよう:準備

水耕栽培とは、土を使わずに水などの液体を使って植物を栽培する方法で、「ハイドロカルチャー」、「水栽培」、「水耕法」などと呼ばれる。水耕栽培は、プランターや地植えのようなスペースがとれない場合や室内などでの栽培に最適だ。土づくりの手間も省けるうえ、土壌の栄養低下や病原菌の繁殖などの心配も少なく、虫がつきにくいというのも大きなメリットだ。

水菜はその名の由来のように水を好む性質があるため、水耕栽培に向いているといえる。成長も早く収穫も効率的に行えるため、水菜農家でも水耕栽培を採用しているところは多いという。

家庭で水菜を水耕栽培で育てるには、専用のキットも販売されているが、身近にあるものを利用すればさらに手軽に水菜の栽培を楽しむことができる。

水菜の水耕栽培の準備に必要なアイテムを紹介しよう。

水菜の種

水菜の水耕栽培は種から育てるのが一般的。ホームセンターなどで売られているものを用意しよう。

スポンジ

種から育てるときには水や液肥に浸したスポンジに種をまく。

トレー

種をまいたスポンジを並べ、水をはる。薄型のもの。

500mlペットボトル

水菜は根がすべて水に浸ってしまうと腐りやすいため、根が育ってきたらペットボトルで根の下部分だけが水に浸かるようすると栽培しやすい。使い終わったペットボトルを上から1/3程度の位置で横半分に切り、注ぎ口の方を下にしてもう片方の中に重ねるようにして入れる。

アルミホイル

ペットボトルの水や液肥を入れた部分を遮光するために使用する。

液肥

途中で液肥を加える。

3. 水菜を育てよう:水耕栽培~収穫

1.種まき

スポンジを3cm角に切り、さらに中心に十字に切り込みを入れる。洗面器などに水をはり、水中でスポンジの空気を絞り出して、空気が出なくなるまで水を充分に含ませる。水は絞らずにトレーに並べる。種をスポンジの上から軽くまく。スポンジに押しこまなくてOK。

2.水やり

スポンジの高さの半分くらいの量の水をトレーにはり、毎日変えるようにしよう。

3.発芽後の管理

発芽したらトレーに所定の量に薄めた液肥を加える。直射日光があまり当たらない明るい場所に置こう。

4.根が育ってきたら

スポンジの下から根が伸び、葉が育ち始めたらペットボトルで作った容器に移して栽培する。スポンジに入ったまま根の部分を飲み口に差し、ペットボトルの下部分に水を入れて、根の下の部分が水につかるように水量を調節する。もし根の部分が水に届くほどの長さがなければ、アクリル製のフェルトを細長く切り、スポンジとペットボトルではさんで、水の橋渡しをしよう。

また、根からも酸素を取り込めるようにして根腐れを防ごう。ペットボトルの周りにアルミホイルを巻き付け、根の部分に光が当たらないように遮光する。水は引き続き毎日交換し、液肥も適宜与えるようにする。

5.収穫

生長しすぎると苦みが出てくるので、ある程度育ったら、根の部分から3cm位上のところではさみでカットしよう。

結論

水菜は新鮮な水と根にも酸素を与えることで、比較的水耕栽培しやすいといわれている。直射日光をさけて適度な光を当て、液肥も適量与えれば、育てることができるだろう。ちなみに、収穫後も根が残っていれば、うまくいけば引き続き葉が出て再生してくる場合もあるという。

傷みやすい水菜も、工夫次第で長期保存可能!?【水菜】の保存 期間別保存編投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top