【いちご】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【いちご】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法

いちごは、そのまま食べても、練乳をかけたり、ケーキやフルーツタルトにしたりしても美味しいが、ドリンクに使っても絶品。甘酸っぱくてジューシーな味わいをさまざまな方法で楽しめるよう、まずは基本のいちごドリンクをマスター。いろいろ試しながらアレンジを加えて、…

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
【いちご】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法
  • 【いちご】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法

オリジナルサイトで読む >

【いちご】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法

いちごは、そのまま食べても、練乳をかけたり、ケーキやフルーツタルトにしたりしても美味しいが、ドリンクに使っても絶品。甘酸っぱくてジューシーな味わいをさまざまな方法で楽しめるよう、まずは基本のいちごドリンクをマスター。いろいろ試しながらアレンジを加えて、家族みんなのお気に入りを見つけよう!

1. ジュースやスムージーに使ういちごは生・冷凍どちらでもOK!

店頭にいちごがたくさん出回る旬の季節は、香り高い生のいちごを使おう。「ちょっと甘味が足りないかな?」というものや、ジャム用などの小粒のものも、飲み物にアレンジすると断然美味しくなる。

旬以外の時期は、冷凍いちごを大いに活用。完全に凍ったままだとミキサーが回りにくいので、少し解凍してから使うのがおすすめだ。

2. いちごミルク&いちごシェイク

【基本のいちごミルクの作り方】

最初に紹介したいのは、子どもから大人までみんなが大好きな「いちごミルク」のスムージー。
まずは、いちごと牛乳、砂糖を用意。

いちごは使う直前にさっと洗ってヘタを取る。大きな粒は1/4~1/2くらいに切っておく。牛乳、砂糖と合わせて、ミキサーやフードプロセッサー、ブレンダーで攪拌すれば、基本のいちごミルクの完成。ミキサー等がない場合は、いちごと砂糖をファスナー付きの食品保存袋に入れ、口を閉じてよく揉む。果肉がほどよく潰れて砂糖が溶けたところで、牛乳を入れて軽く混ぜればできあがり。パステルピンクの甘酸っぱいいちごミルクは、朝の1杯にも食後のデザートにもぴったり。

【いちごシェイクの作り方】

いちごと牛乳にバニラアイスクリームをプラスして、ミキサーやフードプロセッサー、ブレンダーで攪拌すれば、ひんやりとろ~りのいちごシェイクができあがる。子供のおやつに喜ばれること請け合いだ。

【いちごミルク、いちごシェイクのアレンジ】

■牛乳の代わりに
ヨーグルトを使えば乳酸菌をプラス。豆乳を使えば大豆イソフラボンをプラス。ココナッツミルクやアーモンドミルクならビタミンEをプラスできる。スキムミルクならカロリーを抑えられるし、甘酒を使えば砂糖いらずだ。

■砂糖の代わりに
おすすめナンバーワンは練乳。そのほか、和三盆や三温糖、蜂蜜、メープルシロップやガムシロップなど、実験感覚でさまざまな甘みを試してみよう。

■他のフルーツも加えて
いちごは、ブルーベリーやマンゴー、桃と相性抜群。さっぱりとした酸味が好きならキウイやオレンジもいい。また、バナナを入れるとボリュームアップして腹もちもよくなる。

3. 濃厚いちごジュース

【濃厚いちごジュースの作り方】

いちごそのもののフレッシュな芳香と味わいを心ゆくまで堪能するなら、乳製品などを混ぜない100%ジュースがおすすめだ。洗ってヘタを取ったいちごを、フードプロセッサーに好みの量の砂糖と氷と共に入れ、滑らかなピューレ状になるまで攪拌すれば完成。氷を多めにするか冷凍いちごで作ると、果汁たっぷりのいちごフラペチーノ風になる。

ミキサーやブレンダーで作る場合、刃が回りにくいときは、氷を減らして水を足すとよい。フルーツ専門店のカフェやジューススタンドのようないちごジュースを自宅で手軽に味わおう!

4. 冷凍保存OK!いちごジュースの素を作ろう

【いちごジュースの素の作り方】

いちごがたくさん手に入ったときや、旬の季節の終わりに作っておくと便利な「いちごジュースの素」。作り方はカンタン。
鍋にいちごと砂糖(※1)を入れ、軽く混ぜる。1時間以上置いて、いちごから水分が出てきたら、フォークなどで果肉を荒く潰す(※2)。中火にかけ、沸騰したら10分程弱火で軽く煮詰めれば完成。ジャムよりゆるめで糖分控えめ、「いちごソース」といった感じの仕上がりだ。
※1:砂糖の量は、いちごの重さの30%程度。いちご100gなら砂糖30g。
※2:滑らかなピューレ状にしたい場合はミキサーなどで攪拌を。

【いちごジュースの素の使い方】

生のいちごが手に入りにくい時期でも、牛乳や豆乳で割って簡単いちごミルクに。炭酸水で割るとさわやかないちごサイダーに。いちごスムージーやいちごシェイクにソースとしてトッピングするのもおすすめ。

【保存方法】

1週間程度で使い切る場合は、清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保存。使い切るのにそれ以上かかるなら冷凍保存を。製氷皿で凍らせ、完全に固まったら型から取りだして冷凍用の食品保存袋に移す。もしくは、冷凍用の保存袋に入れて薄い板状に凍らせ、必要な分を折り取って使う。

結論

今回紹介したスムージーやジュースを組み合わせれば、オリジナルドリンクを作るのも楽々。たとえば、透明なカップの1番下に
「いちごシェイク」を入れ、次に「いちごジュースの素」を少量垂らし、最後にフラペチーノ風の「濃厚いちごジュース」を重ねる。これだけでも十分美味しいが、さらにホイップクリームや生のいちごを飾れば、仕上がりはまるでカフェの人気メニュー。
ぜひチャレンジを!もともとは観賞用だった!?ビタミンCが豊富ないちごの栄養と効能投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top