スムージにもピッタリ!「パセリ」の種類と正しい選び方 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スムージにもピッタリ!「パセリ」の種類と正しい選び方

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

スムージにもピッタリ!「パセリ」の種類と正しい選び方
  • スムージにもピッタリ!「パセリ」の種類と正しい選び方

オリジナルサイトで読む >

スムージにもピッタリ!「パセリ」の種類と正しい選び方

料理の飾りとしてのイメージが強いパセリ。だが昨今では豊富な栄養が注目され、香りや苦味が気にならないような食べ方も紹介され、その存在が見直されている。プランターで簡単に栽培できるパセリの基本をおさえ、日々の食卓にもっと美味しく利用してみたい。

1. パセリの種類

日本でパセリといえば、オムライスや唐揚げ、サンドイッチなど、洋食に添えられている場合が多い。葉が細かく縮れていて、丸くカールしているので、「カーリーパセリ」とも呼ばれる。独特の香りと風味がある香味野菜で、カロテンやビタミン類をたっぷり含むなど、非常に栄養価も高い。

一方、葉が縮れていないタイプが「イタリアンパセリ」。フランス料理やイタリア料理では、イタリアンパセリの方が主流だ。平たい葉で、カーリーパセリに比べて味や香りにクセや苦味が少なく、爽やかな芳香。みじん切りにしてスープやドレッシングに入れたり、パスタやソースに使ったり、そのままちぎってサラダにのせても美味だ。

2. 日本の特産地

パセリは外食産業や中食産業において年間を通して安定した需要があるが、日本ではパセリの産地は意外と少ない。現在は主に千葉県、茨城県、長野県で生産されている。

栽培には冷涼な気候が好まれるため、高原野菜の大産地である長野県や、夏場に太平洋から涼しい風が吹き込む茨城県などが向いているのだ。

また、キャベツや大根など重たい野菜と違ってパセリは重量が軽いので、収穫作業が比較的楽にすむ。女性が多く活躍できるのもパセリ栽培の特徴だ。

3. 新鮮なパセリの選び方

パセリを選ぶ時は、葉に光沢があり、ツヤツヤしていて、きれいな濃い緑色をしているものがよい。乾燥していたり、葉が黄色っぽく変色していたりするものは鮮度が落ちていて苦味が強く、食感も硬くなるので避けよう。切り口はみずみずしく、茎や葉にハリがあり、葉先までシャキッと弾力があるものがよい。

また、葉が密集していて、フワフワと柔らかく、細かく縮れているものを選びたい。

4. パセリの美味しい食べ方

新鮮なパセリが手に入ったら、サッとみじん切りにしてサラダにしてみよう。いつものサラダにパセリが加わると、より一層爽やかな味になる。朝の忙しい時間でも簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してほしい。

【パセリとキュウリのサラダ】

1. キュウリは厚さ4 mm~5mmの輪切りにして軽く塩もみし、余分な水分を軽く絞る。
2. パセリをみじん切りにする。イタリアンパセリでもよい。
3. 1と2に塩・こしょう・オリーブ油・レモン汁を加えて混ぜれば完成。キュウリの代わりに、サッと炒めたズッキーニでもよい。お好みで、モッツァレラチーズやクルミを加えても美味しい。

結論

パセリの原産地は地中海沿岸。紀元前から栽培され、薬用やハーブとして使われてきた、歴史の古い野菜だ。日本には江戸時代、18世紀になってからオランダ経由で長崎に持ち込まれた。料理の添え物として使われることが多いが、その高い栄養価から、最近はパセリを残さずに食べる人が増えているという。かき揚げやお浸しにしても美味しいので、様々なパセリ料理に挑戦してみてはどうだろう。

パセリの茎の利用法もあり!?【パセリ】の保存 期間別保存方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top