まずはおさえておきたい「アーモンド」の種類と選び方 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

まずはおさえておきたい「アーモンド」の種類と選び方

アーモンドというと、酒のつまみや子供がおやつとして食べるものだと思いがち。だが、ビタミンEや食物繊維、オレイン酸などを豊富に含むので、最近はその栄養価の高さが注目を浴びている。シリアルに入れたりサラダに散らしたりなどして、日々の食卓に積極的に摂り入れたい。

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
まずはおさえておきたい「アーモンド」の種類と選び方
  • まずはおさえておきたい「アーモンド」の種類と選び方

オリジナルサイトで読む >

まずはおさえておきたい「アーモンド」の種類と選び方

アーモンドというと、酒のつまみや子供がおやつとして食べるものだと思いがち。だが、ビタミンEや食物繊維、オレイン酸などを豊富に含むので、最近はその栄養価の高さが注目を浴びている。シリアルに入れたりサラダに散らしたりなどして、日々の食卓に積極的に摂り入れたい。

1. アーモンドの種類

アーモンドの種類は、大きくスイートアーモンドとビターアーモンドの2種類に分けられる。一般的に出回っているのがスイートアーモンド。食用のほかに、絞った油は化粧品などにも使われている。一方、ビターアーモンドは野生種に近く、日本に食用としては輸入されていない。杏の実と似た香りがするので、杏仁豆腐の香りづけに使われているという。

食用のスイートアーモンドで一番多く食べられているのが、ノンパレルという品種。扁平で傷や割れが少なく、チョコレートに最も合うので、某有名菓子メーカーではチョコレート菓子にこの品種を使っている。他にはビュート、モントレー、カーメルなどの品種が。ビュートは小粒のチョコレート用に、モントレーは刻んだり粉(プードル)にしたりなど加工用に使われる。

2. アーモンドの特産地

アーモンドの木は高さが約5m。バラ科サクラ属なので、アンズや桃の花とよく似ているが、果肉が薄いので果物のように生で食すことはできない。果肉と種の硬い殻を取り除いた部分を炒ったり揚げたりして食用とするのだ。

食用のスイートアーモンドは、世界の収穫量の約8割がアメリカのカリフォルニア地方で生産されている。次いで、スペイン、オーストラリア、イタリアと続く。カリフォルニアのアーモンドは品質も良いので、日本では国内で食べられるアーモンドのほとんどをアメリカから輸入している。

3. 用途に合わせたアーモンドの選び方

スーパーなどに行くと、いろいろなタイプのアーモンドがある。炒ったものや油で揚げたもの、食塩が添加されていたり無添加だったりなど、同じアーモンドでも加工法が様々だ。では、どのような時にどんなアーモンドを使ったら良いのだろうか。

【素焼きアーモンド】

油も塩も使わずに炒っただけのもの。美容や健康のために食べる時は、シンプルにローストした素焼きのアーモンドがオススメだ。
酒のつまみにも最適だが、特にウイスキーやウォッカといったハードリカー系に合う。

【生アーモンド】

殻を剥いただけで火を通していないもの。歯ごたえがしっとりとしている。生アーモンドを水に浸して撹拌し、水を加えると、流行のアーモンドミルクになる。コレステロール値を下げて生活習慣病予防の効果があるとして最近注目され、牛乳や豆乳の代わりに利用されている。大手食品メーカーでも販売しているので、メタボが気になる人は試してみても良いかもしれない。

【フライドアーモンド(塩味つき)】

少し塩気があると、ビールのつまみや子供のおやつにも食べやすい。油で揚げても揚げなくても、カロリーにはそれほど違いがないので、酒のつまみとしては、やはり塩味がきいてカリッと揚げてあるアーモンドが良いかもしれない。

4. アーモンドの美味しい食べ方

日々の食卓でアーモンドを利用できる機会は意外と多い。たとえば、ザクザクに粗く切って、サラダにふりかけたり、野菜炒めに混ぜたりしても美味しい。
また、ニンジンやカボチャなど、野菜を単一で使うサラダに入れると味のアクセントとなって、食べやすくなる。カロテンとビタミンEをたっぷり摂ることができる、ニンジンとアーモンドのサラダを紹介するので、家族みんなで食してほしい。

【ニンジンとアーモンドのサラダ】

1. ニンジン1本を千切りにする。スライサーを利用してもよい。軽く塩をなじませて、しばらく置く。水分が出てきたら軽く絞る。
2. 1をボウルに入れ、そこにスライスアーモンドとレーズン、あればチーズ(なんでもよい)を加える。スライスアーモンドがなければ、粒アーモンドを粗く刻んだものでもよい。
3. 塩、黒こしょう、レモン汁、オリーブ油で味を調えて完成。ニンジンの甘味とアーモンドの香ばしさが絶妙な美味しさだ。

結論

アーモンドの歴史は古く、旧約聖書の中にも登場している。日本に本格的に輸入されたのは戦後になってから。お菓子の材料やおつまみとして利用されてきた。そして、最近では美容や健康に良いとブームになっている。実際、小腹がすいた時にアーモンドをポリポリ...という男性も多いようだ。適量は1日20粒程。ポテチは卒業して、試してみてはどうだろうか。

デスクの引き出しに常備したい!小腹が減ったら【生】のアーモンド

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top