果実味豊かな夏向きワインといえばソーヴィニヨン・ブラン! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

果実味豊かな夏向きワインといえばソーヴィニヨン・ブラン!

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

果実味豊かな夏向きワインといえばソーヴィニヨン・ブラン!
  • 果実味豊かな夏向きワインといえばソーヴィニヨン・ブラン!

オリジナルサイトで読む >

果実味豊かな夏向きワインといえばソーヴィニヨン・ブラン!

夏に飲みたいお酒といえばキンキンに冷やされたビールが鉄板だが、ちょっとオシャレにいくなら白ワインもおすすめだ。ビール以上に味のバリエーションが豊富なので、その日の気分によっていろいろと試せるのも楽しさの1つ。今回は中でも芳醇な味わいに定評があるソーヴィニヨン・ブランというぶどうから作られた白ワインに注目したい。ぜひこの夏のレパートリーに加えてみて欲しい。

1. ソーヴィニヨン・ブランとは?

ソーヴィニヨン・ブランという言葉を聞いたことはあるだろうか?これはシャルドネやリースリングと同様に白ワインに使われるぶどうの品種名だ。もともとはフランスのボルドーなどで作られていたものだが、今ではニュージーランドやチリ、カリフォルニアなどワイン新興国においても重要な位置付けとなってきている。

青々しい果皮を持った白ぶどうで、比較的温暖な気候を好んで生育する。熟すのに時間がかかるのも特徴の1つだが、丁寧に育てられたソーヴィニヨン・ブランは、白ぶどうの中ではワインになったときに比較的しっかりとしたボディを持つようになる。

2. ソーヴィニヨン・ブランの特徴

ソーヴィニヨン・ブランを使用したワインはフレッシュで果実味に溢れた味わいを持っている。白ワインの中ではふくよかなボディだが、一方でしっかりと引き締まった酸も持ち合わせているため重くなく、夏場に飲むにも適した白ワインになる。

一般的にハーブのような華やかなアロマを持っているため、食事との相性もよいとされており、特に海鮮や鶏肉などと一緒に食べると至福の時間を堪能できるはずだ。

世界中で作られるこの品種は、育てられた環境によっても印象を変化させる。温暖な気候で育ったソーヴィニヨン・ブランはよりふくよかでグレープフルーツのような香りを発する。さらに厚みのあるものだと南国フルーツのようなねっとりとしたニュアンスも持ち合わせている。

冷涼な気候下においてはハーブやシトラスのニュアンスと共に酸味がしっかりとたったシャープな味わいを生み出す。

3. 夏向けのソーヴィニヨン・ブランをチョイス

もしも夏場の暑い時期にソーヴィニヨン・ブランを嗜むのであれば、無数にあるこのワインから清々しい味わいを持ったものをチョイスしたいところだ。そうなると狙い目は、やはり比較的冷涼な地域で育ったぶどうを用いているフランス・ロワール地方のワインだ。

そもそもソーヴィニヨン・ブランは数ある白ワイン用のぶどう品種の中では比較的味の濃いタイプ。リッチでふくよかなボディが特徴で、特にニュージーランドやチリといった温暖な地域で育ったものはそれが顕著だが、ロワール地方のソーヴィニヨン・ブランであればスッキリとした酸と果実味のバランスがちょうどよく、すいすいと飲み進めることができるはずだ。夏場、1杯目に冷えたビールの代わりにするには、白ワインのなかでも重めの特徴を持つものより、キリッとした味わいのものをチョイスする方がセンスも良い。

結論

白ワインに使用されるぶどうとしては代表的なソーヴィニヨン・ブランだが、必ずしもすべてのソーヴィニヨン・ブランが夏に適しているとは言えない。これはほかのどの品種においても言えることだが、ワインは育った環境や造り手によってもイメージが変わる。それが難しさであり面白さでもあるのだ。造り手まで網羅するのは大変だろうから、まずは品種とその産地に注目して、夏場のソーヴィニヨン・ブランであれば、ロワール地方のものを試してみるとよいかもしれない。

所変われば味も変わる!?フランスワインとイタリアワインの違い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top