手作りだからこそできる夢のビッグサイズカスタードプディング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

手作りだからこそできる夢のビッグサイズカスタードプディング

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

手作りだからこそできる夢のビッグサイズカスタードプディング
  • 手作りだからこそできる夢のビッグサイズカスタードプディング

オリジナルサイトで読む >

手作りだからこそできる夢の
ビッグサイズカスタードプディング

子どもから大人までたくさんの人に愛されているプリン。プディングpuddingは、イギリスが起源で、焼いて作るもの、蒸すもの、冷やしたものと、実に多くの種類がある。今回は堅焼きのカスタードプディングをケーキ型で作ってみよう。

Step1

卵液は寝かせる

卵、砂糖をよく混ぜ合わせ、人肌に温めた牛乳と生クリームを加え砂糖が溶けるまでよく混ぜる。茶こしで濾してバニラエッセンスを加え半日から1日冷蔵庫で寝かせる。
砂糖が卵の中の水分を吸収し状態が変化していくため、キレイに溶解させ、安定的に分散させるには、時間・手間がかかる。しっかり混ざっていないとムラができてしまう。また、混ぜた後の保存時間によっても状態が変わっていくため、溶解してから寝かせる時間をとることで、熟成過程に例えられるような分散状態に変化する。

Step2

カラメルは濃さで味が変わる

鍋に砂糖と水を入れ強火で加熱する。へらやスプーンなどの道具は使わず、鍋をゆっくり傾けながらまわし、コーヒーくらいの濃さになったら大さじ1程度の水を加えもうひと煮立ちさせ、ケーキ型に流し込む。底面に均等になるように広げ、粗熱を取り冷蔵庫で冷やす。
糖自身が150以上の加熱によって分解し反応し、褐変化する反応をカラメル化という。 グラニュー糖の融解温度は160~191で、結晶に含まれる不純物や水分によって変わることが知られている。濃いほうが苦みが強く大人な味わいになる。

Step3

焼くときは湯煎で

鍋にお湯をはり、生地の入った型を入れた状態で蓋をし、蒸し焼きにする。分量や生地の温度、火加減などによって時間が大きく変わるが、60分程度を目安にする。お湯は型の高さの半分以上にし、中でずれないように型の下にキッチンペーパーを敷く。
軽く揺らして波立たたなければOK。型を取りだし、粗熱を取り冷蔵庫でよく冷やす。皿の上に型から外して乗せる。

完成!

蒸焼きは直接火にふれることがないので、ゆっくりと熱が伝わり、しっとりと火が入る。
型から外すときは、型をお皿等にふせ持ち、バレリーナのようにくるりと一回転すると上手に抜ける。強く力をかけすぎると崩れるので注意する。

4人分

  • 全卵4こ
  • 卵黄2こ
  • グラニュー糖80g
  • 牛乳500cc
  • 生クリーム100cc
  • バニラエッセンス数滴
  •   
  • グラニュー糖100g
  • 大さじ2~

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top