「アボカド」をジュースやスムージーで美味しく飲む方法 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「アボカド」をジュースやスムージーで美味しく飲む方法

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

「アボカド」をジュースやスムージーで美味しく飲む方法
  • 「アボカド」をジュースやスムージーで美味しく飲む方法

オリジナルサイトで読む >

「アボカド」をジュースやスムージーで美味しく飲む方法

アメリカでも日本でも、ひっぱりだこ!果物なのに脂質が高く、ねっとりと濃厚なアボカドは、今や専門店ができるほどの人気食材だ。その理由はズバリ、不飽和脂肪酸をはじめビタミンを豊富に含む栄養価の高さと、食した時の満足度の高さ。アボカドの栄養成分を丸ごと手軽に摂ることができるスムージーは、お父さん世代の朝食にぴったりだ。

1. アボカドの栄養価&下ごしらえ

ねっとりとクリーミーな口当たりから別名「森のバター」と呼ばれる果物・アボカド。たっぷり含まれる脂質には、不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、リノレン酸が含まれている。この不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの抑制にも有効な成分だと期待されている。

また、抗酸化作用が高いビタミンEは屈指の含有量を誇るうえ、ビタミンB群やカリウムも豊富。食物繊維はなんとキウイの約2倍も含まれているのだ。このように極めて栄養価の高いアボカドは、健康長寿を願うお父さん世代にとっては、ぜひ毎日でも摂りたい食材だといえるだろう。

アボカドをスムージーやジュースにする場合の下ごしらえは、一口大にカットすれば完了。安い時にまとめて購入しておけば、カット後の冷凍保存も2週間ほどOKだ。色留めのためにレモン汁をさっと振りかけて、保存袋に入れて冷凍庫へ入れよう。そのままミキサーにかけられるので非常に便利だ。

2. アボカド×ビタミンC・Aで抗酸化パワーアップ

アボカドに含まれるビタミンEは、生活習慣病や認知症状など老化関連疾患の予防が期待され、脳を錆びさせない栄養成分だ。そんなビタミンEの働きは、同じ抗酸化パワーをもつビタミンCやAと一緒に調理することでさらに高まるという。

そんなことから、アボカドのスムージーには、ビタミンCが豊富な柑橘類やキウイなどをはじめ、ビタミンAが豊富なニンジンやシソなどを一緒に加えるとベター。酵素たっぷりの手作りスムージーを日々飲むことで、より健康的で活動的な生活を目指していこう。

[アボガドとシソのスムージーの作り方]
1.アボカドを一口大にカットする。
2.ミキサーにアボカドとちぎったシソ、好みで甘味を加えるフルーツやオリゴ糖、ハチミツなどと水を入れ撹拌する。
3.コップに注ぎ、仕上げにレモンを搾って完成。

3. パワフルスムージーで1日をスタート!

普段アボカドを食べ慣れないお父さん世代でも、フルーツや水分のある野菜などを加えると、ぐっと飲みやすくなるアボカドのスムージー。糖質が低いながらもカロリーは高く、腹もちが良いので、朝食に置き換えて飲むにもぴったりだ。

基本的にどんな食材との組み合わせもOKだが、マグネシウムやイソフラボン豊富な豆乳やきなこ、ポリフェノールたっぷりな黒ゴマなどを入れるとさらに栄養価が高まり、1日を始動するパワーを速攻でチャージできる。

[アボカドとバナナと黒ゴマのスムージー]
1.アボカドをカットする。
2.ミキサーにアボカド、バナナ、豆乳、きなこ、黒ゴマなどを入れる。
3.好みでオリゴ糖やハチミツ、メープルシロップなどを入れ撹拌する。
4.コップに注ぎ完成。

結論

まったり濃厚なアボカドだが、スムージーにすると案外飲みやすく、朝食に最適。生活習慣病予防を強化するならブロッコリーを、胃腸の調子がいまいちの場合はキャベツを加えるなど、様々な食材がもつ栄養成分をプラスして、ヘルシーな食習慣を身につけたい。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top