揚げ物に超便利!バッター液の作り方やアレンジ方法 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

揚げ物に超便利!バッター液の作り方やアレンジ方法

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

揚げ物に超便利!バッター液の作り方やアレンジ方法
  • 揚げ物に超便利!バッター液の作り方やアレンジ方法

オリジナルサイトで読む >

揚げ物に超便利!バッター液の作り方やアレンジ方法

サクサクのとんかつにジューシーなからあげ、エビフライ。揚げ物は市販品でもいいけれど、やはり自宅で手作りが一番美味しい。しかし、小麦粉や卵を順につけてパン粉をつける手間や洗い物を考えると、揚げる前から面倒くさくなってしまうだろう。そんな人はぜひ「バッター液」を試してみてほしい。

1. バッター液とは

通常、揚げ物は衣つきをよくするために、小麦粉をまぶしてから溶き卵をつけ、パン粉をつける。この工程を減らしてくれるのがバッター液である。

惣菜店や屋台で使う

業務用に「バッター粉」というミックス粉が出ており、それを水溶きして使う惣菜店が多いようだ。大量の揚げ物を作る店舗では、手間を省くためバッター液で衣をつけると効率的なのだ。一般的には粉類や卵を先に混ぜて作る衣液のことで、この段階で調味料も入れておくと下味がまんべんなく付けられる。バッター液にくぐらせてからパン粉をつけるだけで衣は完成だ。

分量を変えてアレンジ自在

バッター液の作り方にはたくさんの方法があり、アレンジも幅広い。衣をしっかり厚めにつけたい時、薄づきにしたい時は、それぞれ粉類と水の分量を変えればいいだけだ。卵を混ぜるのも定番だが、あっさりさせたい人やアレルギーのある人は卵抜きで作ることもできる。一度作り方を覚えて作ってみると、あまりに簡単なので揚げ物が楽しくなるだろう。

2. バッター液の作り方、使い方

簡単に作れるバッター液の作り方をご紹介しよう。
家族の人数や具に合わせて量は調節する。

材料はシンプル

玉子1個に対して小麦粉大さじ4、水大さじ2、塩コショウ少々。これをよく混ぜるだけだ。水を牛乳に変えるとコクが出るので、タルタルソースが合う具などの場合にはピッタリである。卵を入れると衣づきがいいが少しもったりするので、薄づきにしたい時は小麦粉50グラムに対し酒大さじ1、マヨネーズ大さじ2、水大さじ4、しょう油大さじ1(または塩コショウ)にすると卵なしバッター液が作れる。サクサクとした食感にしたい時は卵1個に片栗粉大さじ4と、小麦粉を片栗粉に変えて作ってみよう。片栗粉は唐揚げにも向いている。

バッター液の使い方とメリット

材料を用意したら、全ての材料をボウルに入れてよく混ぜる。具をバッター液にくぐらせたら、あとはパン粉をまぶして揚げるだけだ。天ぷらはパン粉ではなく薄力粉をまぶそう。バッター液はパン粉の食いつきがよく、余計な洗い物が出ないのも特徴である。
複数の材料をつける工程が減ってとても楽だし、子供が手伝うハードルも下がる。パン粉をつけた状態まで作って冷凍しておけば、揚げるだけの手作り冷凍ストックが出来上がる。

3. おすすめ簡単アレンジ

液状のバッター液だからこそアレンジもしやすい。
もともとアメリカンドックの衣のようなふんわりした食感なので、デザートを含めいろいろな料理に応用できる。

カレー粉を混ぜる

飽きがちな揚げ物にぴったりのアレンジだ。衣がほんのりカレー味になる。野菜に使えば子供に食べさせやすくなるし、カレー味は後からソースやマヨネーズをつけても相性ばっちりである。

粉チーズを混ぜる

鶏肉や白身魚のフライ、野菜と応用がきくアレンジがこちら。チキンナゲット、ささみフライなどの衣をチーズ味に仕上げよう。
チーズそのものをこの衣で揚げれば、ダブルチーズフライを楽しめる。

砂糖を混ぜる

塩・コショウのかわりに砂糖を混ぜて甘くする。ほんのり甘くして魚肉ソーセージにつけて揚げればアメリカンドック風に、しっかり甘くしてシナモンを混ぜ、りんごのフリッターにするとおやつにぴったりだ。

結論

小さな子供に揚げ物を手伝わせると、溶き卵や小麦粉で大変なことになる。バッター液なら工程が省けて楽々だ。さっとつけて揚げるだけなので、串カツパーティーだって夢ではない。揚げ物の幅が広がるバッター液にぜひ挑戦してみよう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top