そら豆のおいしい食べ方!焼き方から茹で方まで | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

そら豆のおいしい食べ方!焼き方から茹で方まで

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

そら豆のおいしい食べ方!焼き方から茹で方まで
  • そら豆のおいしい食べ方!焼き方から茹で方まで

オリジナルサイトで読む >

そら豆のおいしい食べ方!焼き方から茹で方まで

食べ応えがあり、味も濃いそら豆。しかし、そら豆は調理にちょっとしたコツが必要だ。下処理から実際の茹で方・焼き方までしっかりと把握してより美味しく調理してみよう。

1. そら豆の下処理と注意点

そら豆は豆類の中でも特に大きいのが特徴だ。春が旬の食材で売られているときはさや付きで売られていることが多い。たまに取り出した粒で売られていることもあるが、鮮度のことを考えると多少手間はかかってもさや付きのものを購入したほうがよい。

購入したそら豆は実際に茹でたり焼いたりする直前にさやから取り出すようにする。
いずれにせよ購入したものはなるべく早く調理するのがそら豆を美味しく楽しむための重要なポイントだといえるだろう。

2. そら豆の茹で方と焼き方

続いてそら豆の茹で方と焼き方をマスターしよう。そら豆の調理にはちょっとしたコツがある。正しい調理法をマスターすることでそら豆の本来のおいしさを楽しむことができるのでぜひ実践してみてほしい。

そら豆のおいしい茹で方

そら豆をサヤから取り出す。鍋にたっぷりの湯を沸かし、2%程度の塩を加えて、そら豆を入れ、2~3分ほど茹で上げていく。

ポイントは茹でるそら豆に対してたっぷりの湯を用意するということ。そして、葉緑素・クロロフィルの劣化を防ぎ味を安定させるために塩を加えておくことだ。

また、そら豆は茹でた後に水にさらすと味が落ちてしまうため、余熱で火が通ることも考慮して少しかために茹で上げるのもポイント。

茹でたそら豆は粗熱をとって薄皮に軽く切れ目をいれ、身を取り出そう。

そら豆のおいしい焼き方

そら豆は調理する際、茹でて調理するのが一般的だ。しかしそら豆本来の味を楽しむなら焼いて楽しむのがオススメ。

そら豆を焼いて食べる場合はさやつきのままグリルに並べて、皮が黒く焦げ付くまでじっくり焼くのがおすすめ。そら豆の旨みを逃すことなく、蒸したように熱が入る。そら豆本来の味わいが凝縮した状態で味わうことが、できるのだ。


焼いたそら豆はあつあつの内にさやから取り出し、薄皮を剥いてまずはそのまま食べてみてほしい。きっと焼そら豆の美味しさに、やみつきになるはずだ。

3. そら豆のおいしい食べ方

そら豆は、リゾット、パスタ、炊き込みご飯、味噌汁など意外にその用途は広い。旬の時期にはぜひいろいろな調理法で楽しんでみよう。

また、いずれの食べ方においてもそら豆特有の食感を活かすために火の入れ方には注意したい。食感がなくなり、そら豆のよさが失われてしまうので気を付けたいところだ。

結論

そら豆は調理にちょっとしたコツをつかめば、さらに美味しく楽しめる。

旬の時期には、ぜひ、さや付きを買って、味わおう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top