そばちょこを使いこなしておしゃれな盛り付けを実現! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

そばちょこを使いこなしておしゃれな盛り付けを実現!

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

そばちょこを使いこなしておしゃれな盛り付けを実現!
  • そばちょこを使いこなしておしゃれな盛り付けを実現!

オリジナルサイトで読む >

そばちょこを使いこなしておしゃれな盛り付けを実現!

「料理は見た目が9割」という言葉もあるように、料理の美味しさは見た目のきれいさやおしゃれさに依存するところも大きい。ある程度料理をこなせるようになって余裕が出てくると、盛り付けや器にもこだわりたくなってくるものだ。器には和食器から洋食器までさまざまあるが、そばちょこは使い勝手のよさから今、ひそかに注目を集めている。元来、おそばを食べるための道具がどのように盛り付けに利用されているのか、その歴史を確認しながら紹介していこう。

1. そばちょことは?

そもそも、そばちょことはどんな器なのだろうか?そばちょこはその名前の通りにそばつゆを入れるためのものであると思いきや、その起源は全く異なるところにある。

そばちょこの原型は、およそ400年前の肥前国、今の長崎県と佐賀県のあたりの伊万里焼にあると考えられている。当時、そばちょこは懐石料理などにおいてちょっとした料理を盛り付けるための小鉢として使用されていた。つまり、この時点ではどちらかという上流階級の人が使う器だったのだ。それが、のちにそばの流行が起こったことをきっかけに、そばつゆを入れる器としての利便性が認知され、そのままそば用の食器として定着してきた。

以来そばちょこは、庶民の器としても使われるようになった。そばちょこはシンプルなフォルムにちょっとした文様やデザインが組み込まれていることが多く、時代の流れや文化の影響を受けてさまざまなデザインのものが生まれ、人々は自分のお気に入りのそばちょこを見つけて愛用していたのだ。

最近でもそばちょこは陶芸作家の個性を反映した作品が多く存在し、好きな人にとってはたまらない食器のひとつとして認知されている。

2. 朝食から晩酌までこなすそばちょこの盛り付け

そばちょこは、一度その汎用性の高さに気づくと非常に魅力的な食器だと言える。大きさやデザイン、素材がひとつひとつ違うなかでお気に入りのそばちょこを見つけて集めると、それだけで料理を盛り付けていくことができる。ここではそばちょこの盛り付け例について紹介していこう。

フルーツやコーヒーを入れて朝食に

朝から、そばちょこを使って食卓を彩るのも悪くない。シンプルで質素な質感を持つそばちょこに鮮やかなフルーツをカットしてコロコロと盛り付けると、フルーツの存在感が際立ってくる。あえて地味めなそばちょこが朝の雰囲気にもしっくりくるはずだ。もちろんヨーグルトなどを一緒に入れても食べやすい。ついでに、別のそばちょこにコーヒーを入れてすすれば、2種類のそばちょこを活躍させて朝食を楽しむことができる。

野菜スティックやディップを入れる

長細くカットされた野菜スティックは、そばちょこに入れると取りやすくてちょうどいい。さらに野菜スティックにつけるディップソースも、別のそばちょこに入れて添えれば完璧。フルーツ同様に野菜の鮮やかさがシンプルなそばちょこを彩ってくれることで逆に野菜が存在感を増して、より美味しく感じさせることができるはずだ。

デザートの器に

そばちょこは、デザートをいれるカップとしても非常に使い勝手がよい。あんみつやおしるこなど和のスイーツやはもちろん、アイスクリームなど洋のスイーツにも相性バツグン。冷たいデザートは、事前に盛り付けて冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておけば、お客さんが来ているときにもスムーズに対応できる。

お酒とおつまみをいれて晩酌に

そばちょこはそば用として使われはじめた頃、そば屋で酒を嗜む人が杯としても使用していたという。確かに、そばちょこで飲むお酒はなんとなく粋な雰囲気を漂わせる。さらに、盛り付けたちょっとしたおつまみを添えれば、自宅での晩酌も気の利いたそば屋で飲んでいる気分にさせてくれる。

3. そばちょこの多様なデザインを楽しむ

そばちょこの魅力はなんといってもその多彩なデザインだ。そばちょこのデザインに用いられる絵柄は昔から受け継がれた伝統的なものも多いのだという。最近ではポップなデザインのそばちょこも人気だが、一方で風情のある昔ながらのデザインもまた捨てがたい。そうこう考えているうちにアレもコレもと欲しくなり、ひとつまたひとつとそばちょこが増えていくのだ。

「見込み」とよばれる、器を覗き込むと見える底の模様もそばちょこのよさだ。植物や動物などをモチーフにした見込みが描かれることが多く、器を空にすることで最後に姿をみせる見込みのギミックは、そばちょこを使うものの心をそっとくすぐってくれる遊び心がある。自分で楽しむのはもちろんだが、ゲストが来た時などに使えばセンスのよさをアピールできるのではないだろうか。

結論

そばちょこは昔から受け継がれてきた食器だ。その自由度の高さからさまざまなそばちょこが販売され、また使う人によって使い方も千差万別。そばちょこを買ってみたのはいいけれど持て余している人はぜひ料理の盛り付けに使用してみよう。まだ持っていない人はこれを機に何個か揃えてみては。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top