「ナイフで刺されているみたいだ」全米覇者・ケプカが左手首痛で戦線離脱 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ナイフで刺されているみたいだ」全米覇者・ケプカが左手首痛で戦線離脱

スポーツ 選手

長期離脱となったB・ケプカ マスターズまでの復帰を目指す(撮影:GettyImages)
  • 長期離脱となったB・ケプカ マスターズまでの復帰を目指す(撮影:GettyImages)
2017年「全米オープン」覇者のブルックス・ケプカ(米国)が、左手首痛により約10週間、ツアーから離脱することが分かった。昨年12月の「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」から、左手首に違和感を覚えたとい...

[続きを読む]

《ゴルフ情報ALBA.Net》

編集部おすすめの記事

page top