真に旨いししゃもを食すべし。本物と偽物の見分け方を伝授! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

真に旨いししゃもを食すべし。本物と偽物の見分け方を伝授!

"ホンモノ"のししゃもを食べたことがあるだろうか。もしも普段スーパーで売られている1パック200円程度のししゃもを想像したならば、それは間違いである。今回の魚ネタでは、一生に一度は食べておくべきである、本物のししゃもと偽物の見分け方を紹介しよう。

エンタメ オリーブオイルをひとまわし
真に旨いししゃもを食すべし。本物と偽物の見分け方を伝授!
  • 真に旨いししゃもを食すべし。本物と偽物の見分け方を伝授!

オリジナルサイトで読む >

真に旨いししゃもを食すべし。本物と偽物の見分け方を伝授!

"ホンモノ"のししゃもを食べたことがあるだろうか。もしも普段スーパーで売られている1パック200円程度のししゃもを想像したならば、それは間違いである。今回の魚ネタでは、一生に一度は食べておくべきである、本物のししゃもと偽物の見分け方を紹介しよう。

1. そもそも偽物のししゃもとは

本物のししゃもが生物学上サケ目/キュウリウオ科/シシャモ属/シシャモなのに対し、偽物のししゃもはサケ目/キュウリウオ科/カラフトシシャモ属/カラフトシシャモに分類される。以下カラフトシシャモと呼ぶこの偽物のししゃもは、北海道太平洋沿岸の南エリアでしか獲れない本物とは違い、北太平洋や北太平洋の北部・北極海まで広く分布している。ごくごく稀にオホーツク海沿岸までやってくることがあるが、基本的には外国から冷凍輸入されたものがスーパーに並んでいるのである。

本物は多くとも年間1,500トン程度の漁獲量しかないのだが、カラフトシシャモは約20,000~30,000トンも輸入されていることから、世界的に多く獲れる魚だということがわかるだろう。輸入先はアイスランド・ノルウェー・カナダが主で、英語ではカペリンと呼ばれている。日本で食べられるようになったのは、30年ほど前。乱獲や産卵場所の減少で獲れなくなってしまった、本物の代用魚として売られるようになった。

よく食べられるのは腹に卵が入ったメスで、オスは水族館にいる海獣類の餌に回されることもあるほど、あまり人気がない。たまに流通していることもあるが、骨が気になるのである。

2. 見るべきはこの○ポイント

どちらも全体的に銀色がかっているが、カラフトししゃもは青っぽく、本物は黄土色がかっている。色の違いは腹側よりも背側が特に顕著だ。ただし産卵期のオスの場合は婚姻色で全体的に黒っぽくなっていることもあるので気を付けよう。

うろこ

カラフトシシャモのうろこは見えないくらいにとても細かく食べても何も感じないが、本物には目視でハッキリとわかるくらいあり、焼いて食べるとパリパリとした食感が心地よい。

カラフトシシャモはさんまに似た細い流線形をしているが、本物は少しぷっくりしていて口が大きく、下あごがカラフトシシャモより上を向いている。
ちなみに大きさはどちらも12cmから16~18cmのものが一般的だ。カラフトシシャモの方が大きい傾向にあるが、年を重ねた本物のオスもなかなか大きくなるため、サイズは見分けるためのポイントにはあまりならないだろう。

獲れる時期

カラフトシシャモは年中流通しているが、本物のししゃもの漁は、メスが産卵を迎えた10月初旬から11月の半ばまでの大体1カ月ほどしか行われない。

販売方法

本物は天日干し加工されたものが生の状態で売られていることが多いが、カラフトシシャモは冷凍または、一度冷凍したものが解凍されて販売されている。本物も冷凍で販売されることがあるが、その場合は表面のパッケージに「本ししゃも」と書いてあったり、裏面などの食品表示ラベルに「北海道」と書いてあるのを目印にしよう。価格は本物の方がカラフトシシャモよりも1.5倍以上は高い。

3. ところで気になる味の違いは?

そのぷっくりとした見た目からもわかるように、本物のししゃものほうが身の付が良く、脂がのっている。カラフトシシャモでは敬遠されがちなオスの個体でさえも、本物であれば身がおいしいということで、メスよりも高値が付くことがあるほどだ。なぜなら中にはオスの方を好む通がいるかだである。もちろん子持ちのメスでも、卵のプチプチ食感とカラフトシシャモよりも濃厚な旨みを楽しめる。足が早く生で食べるのが難しい本ししゃもだが、新鮮なものはキュウリのような爽やかな香りがするという。むかわ町にはこのししゃも寿司で有名な店があり、本ししゃもが獲れる10~11月になると。全国各地のグルメがこの地を訪れることでも知られている。旬まっさかりの北海道を訪れたなら、ぜひとも食べてみてはいかがだろうか。

結論

"ホンモノ"のししゃもの見分け方は、おわかりいただけだろうか。パッと見わかりにくいかもしれないが、よく見るときちんとわかるものである。この記事を参考に、一度は本物のその衝撃的な旨さを体験してみていただきたい。かくいう筆者は、魚が嫌いだった幼少期に本ししゃもを食べて以来、おいしい魚の旨さに目覚めてしまったひとりである。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top