天然着色料と化学合成色素の違いとは?食用色素について | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

天然着色料と化学合成色素の違いとは?食用色素について

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

天然着色料と化学合成色素の違いとは?食用色素について
  • 天然着色料と化学合成色素の違いとは?食用色素について

オリジナルサイトで読む >

天然着色料と化学合成色素の違いとは?食用色素について

子供たちが大好きな色鮮やかなお菓子。ピンクやブルー等、料理ではなくお菓子ならではの発色だ。しかし、そういった色は着色料、いわゆる食用色素でつけられている。貴方は天然色素と合成色素の違いや作り方をご存知だろうか?

1. 食用色素とは何なのか

お菓子ばかり思い浮かべがちだが、例えば調味料や加工品にもしっかり使われていることが多い。

食品に色を付ける

食用と書かれている通り、人が口にしても問題ない色素のことである。この「問題ない」という基準が複雑で、世界的に見ると国ごとに違いがあって差も大きい。日本では食品衛生法によって「人が生涯毎日摂取し続けたとしても、健康への影響がないと推定される1日あたりの摂取量」と定められている。食欲を増したり見た目を鮮やかにするため、食品に色を付ける目的で使われる。

天然色素と化学合成色素

食用色素は大まかに、天然由来の物と化学合成品に分けられる。天然由来で有名なのが抹茶やクチナシ、紅花だろう。化学合成品は天然色素より鮮やかに色付けが出来るタール系色素のことで、赤色2号や黄色4号等数字番号が振られている。

2. 危険性はどうなのか

国内で使われている食用色素に関しては、食品衛生法に基づいた判断では口にしても差し支えないということになる。しかし、実際に大量摂取すると毒性がある、ということも事実なのだ。

合成着色料

先ほども前述したとおり、日本国内で食品衛生法に従って使用されている着色料は即座に健康に害を及ぼす心配はない。しかし大量摂取や長期摂取で影響があるかどうかは明確にされておらず、個人の裁量に任されているというのが実情だ。合成着色料はタール色素と言い、石油系のコールタールを原材料にしている。以前日本では使用されていたものの、現在は発癌性の危険から禁止された着色料(赤色1号・4号・5号等)もあり、日本で許可されていてもアメリカやドイツでは使用禁止されている着色料(赤色2号・3号・黄色4号等)もある。発癌性やアレルギー誘発の恐れがゼロではないと国内外の実験結果が出ているという事実は認識しておこう。たまに子供が口にする分には問題ないのだろうが、どれだけの頻度で摂取するかは「個人の判断」である。

天然着色料

原料は自然の動植物で、花や野菜、虫から抽出されている。合成着色料と違い淡くて渋い色合いの為、しっかり発色させるには大量に使う必要がある。ここに「合成」と「天然」の落とし穴がある。合成着色料はほんの少しでハッキリと色が付くため、健康被害が出る程の量を使う必要がない。対する天然着色料は、原料そのものは確かに天然由来でも、色を抽出する為に使われた薬品や溶剤を大量摂取してしまうと言うことだ。どちらが危険だと思うかは人によるが、天然だからと言って100%安全ではないのである。

3. 天然色素の抽出方法

自分できちんと選べるようになるために、抽出方法について知っておこう。

カラメル色素

天然由来と言えるが、自宅でも砂糖を焦がして作られる「カラメル」はコストと手間が掛かるためほとんど使われていないのが実情だ。糖類にアンモニウム化合物、亜硫酸等を加えて加熱する手軽なカラメルやがメインで使われている。

コチニール

中南米原産のカイガラムシという虫から抽出される。平成24年に日本女性が急性アレルギー症状で救急搬送されており、色素抽出時にカイガラムシのたんぱく質を除去しきれない為アレルギーを引き起こす可能性がある。カイガラムシ自体に微弱な毒性がある。

水溶性の色素

例えば赤キャベツから抽出されるアントシアニン、紅花色素等は水に浸して抽出するので、比較的薬品は使われていないと言える。

結論

着色料は手軽に色を付けられる便利な添加物だ。子供の駄菓子から大人のカクテルまで利用されている。国内で使われている食用色素は合成・天然問わず、摂取量さえ守れば危険な物ではない。しかし、決して100%安全で正義ではないという認識もしておこう。知っておけば自分の判断で選択することが可能だ。休日には、添加物や着色料を極力控えた手作りのおやつを子供と一緒に作ってみてはいかがだろうか。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
page top