浸す前にパンを焼け!?簡単で美味しいフレンチトーストの作り方 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

浸す前にパンを焼け!?簡単で美味しいフレンチトーストの作り方

エンタメ オリーブオイルをひとまわし

浸す前にパンを焼け!?簡単で美味しいフレンチトーストの作り方
  • 浸す前にパンを焼け!?簡単で美味しいフレンチトーストの作り方

オリジナルサイトで読む >

浸す前にパンを焼け!?簡単で美味しいフレンチトーストの作り方

甘くて美味しいフレンチトーストを自宅で手軽に作ることができるとしたら、作ってみたくはないだろうか?手間のかかるイメージのフレンチトーストだが、実は裏技ひとつで驚くほど調理時間を短縮し、美味しく仕上げることができる。特別な日の朝食に、ぜひ試してもらいたい。

1. フレンチトーストは時間がかかる!

フレンチトーストのイメージは、ホテルやカフェで食べる"ちょっと特別でおしゃれな朝食"といったところではないだろうか。朝食としてもおやつとしても嬉しいフレンチトーストだが、ホットケーキやクレープのように頻繁に登場する家庭は少ない。それはなぜだろうか?

フレンチトーストを作るには、まず牛乳・卵・砂糖を混ぜてパンを浸して染み込ませる。その後でフライパンにバターを溶かして焼く、これが一般的な作り方である。一読すると簡単そうであり、面倒なポイントは見当たらない。確かに作り方はシンプルで、必要な材料や工程も少ない。しかし、フレンチトーストを作るには時間がかかるのである。

フレンチトーストは、硬くなってそのまま食べられなくなったパンを食べるために考えられたと言われている。食パンに牛乳と卵を混ぜた液を浸してみればわかることだが、中までしっかりと染み込むまでにはかなりの時間を要する。硬くなったパンならなおさらだ。そのため、パンを液に浸す時間がフレンチトーストを作る上での難点なのである。

パンの厚さや硬さによっても異なるが、目安として4枚切りの食パンなら片面2時間ずつの計4時間も浸しておかなければならない。そして、有名ホテルのフレンチトーストは、片面12時間ずつ計24時間も浸してから焼かれているそうだ。「食べたい!」と思ってからすぐに作り始めても4時間以上かかるようでは、出来上がったときには既に気持ちは他のものに移っているだろう。

2. 何時間も浸さない!フレンチトーストの作り方

完成までに何時間もかかるフレンチトーストだが、実は裏技ひとつで長時間浸さなくても美味しく作ることができる。方法はとても簡単、卵と牛乳を混ぜた液を染み込ませてから焼くのではなく、浸す前に焼くだけだ。基本の手順を説明する。

  • 食パンを食べやすいサイズに切る(食パンを縦半分・4等分など)
  • トースターやフライパンで軽く焼く(温まる程度でOK)
  • 卵・牛乳・砂糖を混ぜて液を作り、パンを浸す
  • フライパンにバターを溶かしてパンを焼く

気になるのはの"液にパンを浸す時間"だが、なんと1分ほどでしっかりと中まで染み込むのである!牛乳の中にある水の分子は通常ゆっくりと食パンに浸み込むが、温めることによって分子が活発化し、食パンに浸み込む量がアップするためである。何時間も浸しておかなくても、同じように液は染み込み、同じように美味しいフレンチトーストが完成するのだ!これなら「食べたい!」と思った時に作って食べることができそうだ。また、液に浸す前にトースターやフライパンで軽く焼く方法を紹介したが、電子レンジを使っても同じように時間を短縮できる。電子レンジを使う場合の手順は以下を参考に。

  • 食パンを食べやすいサイズに切る
  • 卵・牛乳・砂糖を混ぜて液を作り、耐熱容器に入れてパンを浸す
  • そのままレンジで30秒ほど加熱する
  • フライパンにバターを溶かしてパンを焼く

3. いろいろなフレンチトースト

ここからは、いろいろなフレンチトーストを紹介する。甘くてとろけるような食感が魅力なフレンチトーストだが、チーズやハム、野菜などを使って作ると、デザートではなく朝食や昼食にピッタリなメニューとなる。ハーブやアボカド、トマトソースなどとの相性も良いので、甘いものが苦手な人でも楽しむことができるだろう。この場合には砂糖は入れず、塩コショウで仕上げると美味しさアップだ。

デザートとして楽しむ時には、ジャムやヨーグルト、ホイップクリーム、メープルシロップ、ココアパウダー、フルーツなど、トッピング次第でいろいろな食べ方を楽しむことができる。そして、パンの厚みや焼き加減によって変化する味や食感も楽しめる。全体的にしっとりしたフレンチトーストも美味しいが、中はふわふわで外はカリカリのものも美味である。

また、「香港スタイルフレンチトースト」をご存知だろうか?これは、食パン2枚にカヤジャムというココナッツと卵で作られたジャムまたはピーナッツバターを塗って重ね、卵液を染み込ませ、たっぷりの油で揚げたものである。"焼く"のではなく"揚げる"ため、見た目(もちろん味も)は"フレンチトースト"と聞いた時にイメージするものとは全く違う。しかし、香港でフレンチトーストと言えば間違いなくこれなのである。

結論

時間をかけずにフレンチトーストを美味しく作る方法について解説した。意外と簡単にできるので、恋人や家族とゆっくりすごす休日の朝、少し早く起きてフレンチトーストを作ってみてはどうだろう。ちなみに、フレンチトーストは甘い派としょっぱい派に分かれるが、ハムやベーコン(しょっぱい)とはちみつやメープルシロップ(甘い)の組み合わせも絶妙である。お試しあれ。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》
page top