連載【THE REAL】 執筆:藤江直人ニュースまとめ(2 ページ目) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

連載【THE REAL】 執筆:藤江直人に関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

ノンフィクションライター。サンケイスポーツでサッカー、オリンピックを中心に取材、執筆。米国駐在時はMLBまで網羅するなど、スポーツ分野の守備範囲は幅広い。第一線で取材、執筆を続けるため独立。近年はスポーツのみならず社会問題にまで取材範囲を拡げる。

【THE REAL】本田圭佑がACミランで乗り越えるべき最大の逆風…日本代表でも生き残っていくために 画像
オピニオン

【THE REAL】本田圭佑がACミランで乗り越えるべき最大の逆風…日本代表でも生き残っていくために

4人の監督から厚い信頼を寄せられ、2010年代の日本代表を力強くけん引してきた本田圭佑が、サッカー人生で最大といっていいほどの逆風にさらされている。

【THE REAL】ハリルジャパンの守護神・西川周作が放つ存在感…悔しさをパワーへと変える笑顔 画像
オピニオン

【THE REAL】ハリルジャパンの守護神・西川周作が放つ存在感…悔しさをパワーへと変える笑顔

笑顔はポジティブな力を生み出す。つらいとき、悔しいとき、怒りではらわたが煮えくり返りそうなとき。日本代表のゴールキーパー西川周作(浦和レッズ)は努めて笑うように、自らへ言い聞かせている。

【THE REAL】山口蛍が魅せた激しさと存在感…ハリルジャパンの「中盤の将軍」になるための第一歩 画像
オピニオン

【THE REAL】山口蛍が魅せた激しさと存在感…ハリルジャパンの「中盤の将軍」になるための第一歩

攻撃から守備へ。試合の流れが変わった、いや、変わろうとする刹那になると、必ずといっていいほど日本代表の白いユニフォームが飛び込んできては、タイ代表のチャンスの芽を摘み取っていく。

【THE REAL】世代交代の旗手・大島僚太が抱く決意…ほろ苦い結果に終わったハリルジャパンの初陣を乗り越えて 画像
オピニオン

【THE REAL】世代交代の旗手・大島僚太が抱く決意…ほろ苦い結果に終わったハリルジャパンの初陣を乗り越えて

悲壮感を漂わせているわけでも、ましてや黒星を喫した責任の重さに打ちひしがれているわけでもない。所属する川崎フロンターレの試合後と同じように、大島僚太は端正なマスクにかすかな笑みをたたえながら取材エリアに姿を現した。

【THE REAL】頑張り屋から点取り屋へ…貪欲に前進を続ける岡崎慎司がハリルジャパンにもたらす相乗効果 画像
オピニオン

【THE REAL】頑張り屋から点取り屋へ…貪欲に前進を続ける岡崎慎司がハリルジャパンにもたらす相乗効果

頑張り屋と点取り屋。前者はプレミアリーグ王者のレスター・シティに、後者は6大会連続のワールドカップ出場に挑む日本代表に。タイプのまったく異なる、2人の岡崎慎司が存在している。

【THE REAL】ジャガー浅野拓磨が貫く信念…ドイツ2部から名門アーセナルでまばゆい輝きを放つために 画像
オピニオン

【THE REAL】ジャガー浅野拓磨が貫く信念…ドイツ2部から名門アーセナルでまばゆい輝きを放つために

日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督も、ホッと胸をなでおろしているはずだ。日本代表FW浅野拓磨がブンデスリーガ2部のシュツットガルトへ期限付き移籍――26日夜に伝わってきたニュースは、日本サッカー界が待ち望んだ朗報だった。

【THE REAL】元日本代表・内田篤人は絶対に下を向かない…不死鳥のごとき復活劇を果たすために 画像
オピニオン

【THE REAL】元日本代表・内田篤人は絶対に下を向かない…不死鳥のごとき復活劇を果たすために

どのような思いを抱きながら、日本へ帰ってきたのだろうか。ブンデスリーガの強豪シャルケが運営する日本語版クラブ公式ツイッターが18日、DF内田篤人が治療のために一時帰国するとつぶやいたのを見て、複雑な思いを抱かずにはいられなかった。

【THE REAL】稀代の天才、MF小野伸二の現在位置…コンサドーレ札幌をJ1に導き、定住させるために 画像
オピニオン

【THE REAL】稀代の天才、MF小野伸二の現在位置…コンサドーレ札幌をJ1に導き、定住させるために

レストランや観客席、オフィシャルショップが併設された北海道コンサドーレ札幌の練習拠点「宮の沢白い恋人サッカー場」へ、MF小野伸二はいつも練習がスタートする2時間前には到着している。

【THE REAL】浦和レッズ・柏木陽介が際立たせる華麗さと泥臭さ…「走るファンタジスタ」の現在位置 画像
オピニオン

【THE REAL】浦和レッズ・柏木陽介が際立たせる華麗さと泥臭さ…「走るファンタジスタ」の現在位置

ちょっぴり早口で、それでいてポツリと漏らした言葉に、感謝の思いを凝縮させていた。

【THE REAL】不動のキャプテン・遠藤航の決意…初めての世界大会で、育成年代の集大成となるメダルを 画像
オピニオン

【THE REAL】不動のキャプテン・遠藤航の決意…初めての世界大会で、育成年代の集大成となるメダルを

出場する選手に年齢制限が設けられている点で、男子サッカーはほかの夏季オリンピック競技と明らかに一線を画している。

【THE REAL】正念場で響くベテラン佐藤勇人の金言…名門ジェフ千葉をもう一度J1の舞台へ導くために 画像
オピニオン

【THE REAL】正念場で響くベテラン佐藤勇人の金言…名門ジェフ千葉をもう一度J1の舞台へ導くために

7シーズンで8人目。アマチュアだった日本リーグの名門として君臨した前身の古河電工時代を含めて、初めて2部リーグに降格した2010シーズン以降でジェフユナイテッド千葉を率いた監督の数だ。

【THE REAL】鹿島アントラーズの異能のストライカー、土居聖真が追い求めるゴール…抜け目なく、貪欲に 画像
オピニオン

【THE REAL】鹿島アントラーズの異能のストライカー、土居聖真が追い求めるゴール…抜け目なく、貪欲に

ゴールにかける想いをストライカーに聞くと、ほとんどの場合で「貪欲に」という言葉が返ってくる。鹿島アントラーズの土居聖真(しょうま)も然り。もっとも、ゴールへの飢餓感よりもこの言葉を先立たせる点で、稀有なタイプといっていいかもしれない。

【THE REAL】ファジアーノ岡山・矢島慎也が手倉森ジャパンにもたらす輝き…J2の舞台で磨かれた心技体 画像
オピニオン

【THE REAL】ファジアーノ岡山・矢島慎也が手倉森ジャパンにもたらす輝き…J2の舞台で磨かれた心技体

サッカー人生を賭けた決断が吉と出た。リオデジャネイロ五輪に臨む日本代表にJ2クラブからただひとり、選出されたファジアーノ岡山のMF矢島慎也の日常には、追い求めてきたサイクルが力強く脈打っている。

【THE REAL】川崎フロンターレで輝きを放つ小さな将軍…大島僚太が手倉森ジャパンにもたらす新たな武器 画像
オピニオン

【THE REAL】川崎フロンターレで輝きを放つ小さな将軍…大島僚太が手倉森ジャパンにもたらす新たな武器

トラップに“意思”が込められていた。ホームの等々力陸上競技場にアルビレックス新潟を迎えた、13日のセカンドステージ第3節。川崎フロンターレのMF大島僚太がひときわ大きな輝きを放ったのは、1点をリードされた前半38分だった。

【THE REAL】遅咲きのストライカー、浦和レッズ・興梠慎三が描く夢…リオの地で最高の誕生日を 画像
オピニオン

【THE REAL】遅咲きのストライカー、浦和レッズ・興梠慎三が描く夢…リオの地で最高の誕生日を

時間にして約7秒。その間にボールに触ったのは3回。味方のゴールをアシストするまでの流れるようなプレーに、浦和レッズのFW興梠慎三がリオデジャネイロ五輪に臨むU-23日本代表に、オーバーエイジとして招集された理由が凝縮されていた。

【THE REAL】オーバーエイジ三銃士・藤春廣輝の決意…唯一のレフティーとしてスペシャルなプレーを 画像
オピニオン

【THE REAL】オーバーエイジ三銃士・藤春廣輝の決意…唯一のレフティーとしてスペシャルなプレーを

偽らざる思いが脳裏を駆け巡った。ガンバ大阪の強化部を介して、リオデジャネイロ五輪へ臨む日本代表のオーバーエイジ候補に入ったことを日本サッカー協会から告げられたとき、藤春廣輝の心に浮かんだ二文字は「喜び」ではなく「不安」だった。

【THE REAL】骨折の悪夢を乗り越えて…FC東京・室屋成が挑むリオ五輪と先駆者・長友佑都の背中 画像
オピニオン

【THE REAL】骨折の悪夢を乗り越えて…FC東京・室屋成が挑むリオ五輪と先駆者・長友佑都の背中

あらためて振り返ってみると、それはU-23日本代表を率いる手倉森誠監督から課された「追試」だったのかもしれない。

【THE REAL】植田直通が放つ威風堂々としたオーラ…王者・鹿島アントラーズと日本代表で際立つ存在感 画像
オピニオン

【THE REAL】植田直通が放つ威風堂々としたオーラ…王者・鹿島アントラーズと日本代表で際立つ存在感

記録だけでなく、記憶にも残る夜となった。聖地カシマサッカースタジアムに、21歳にして威風堂々としたオーラを放つ鹿島アントラーズの植田直通の雄叫びがとどろく。

【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を 画像
オピニオン

【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を

目の前にこぼれてきたボールに、誰よりも早く反応した。研ぎ澄まされた集中力。一瞬にしてボールを支配下におさめたダッシュ力。そして、日本代表GK西川周作の牙城を破る決定力。FC東京の成長株、22歳の橋本拳人がまばゆい輝きを放った。

【THE REAL】“博多のネイマール”金森健志が与えた衝撃…アビスパ福岡、地元生まれのホープ 画像
オピニオン

【THE REAL】“博多のネイマール”金森健志が与えた衝撃…アビスパ福岡、地元生まれのホープ

敵地・福岡に大挙して駆けつけた川崎フロンターレのサポーターが、そして生中継されたNHKのBS1で戦況を見つめていた全国のサッカーファンが驚いたはずだ。

【THE REAL】スピードスター・浅野拓磨が抱く捲土重来…悔し涙をリオ五輪で笑顔に変えるために 画像
オピニオン

【THE REAL】スピードスター・浅野拓磨が抱く捲土重来…悔し涙をリオ五輪で笑顔に変えるために

8月5日の開幕まで残り2カ月を切ったリオデジャネイロ五輪に臨む、サッカーのU-23日本代表のメンバー選考が大詰めを迎えている。

【THE REAL】ロアッソ熊本・巻誠一郎は走り続ける…大地震を乗り越え、被災地に笑顔を届けるために 画像
オピニオン

【THE REAL】ロアッソ熊本・巻誠一郎は走り続ける…大地震を乗り越え、被災地に笑顔を届けるために

思いもしない理由で、質疑応答が一時中断となった。試合後の取材エリア。最後に姿を現したロアッソ熊本のFW巻誠一郎の鼻から、血が滴り落ちたためだった。

【THE REAL】富樫敬真が歩む波乱のサッカー人生…デビュー戦の鮮烈ゴールとリオ五輪への決意 画像
オピニオン

【THE REAL】富樫敬真が歩む波乱のサッカー人生…デビュー戦の鮮烈ゴールとリオ五輪への決意

ここまでのサッカー人生をふと振り返ってみる。例えば去年の初夏。関東学院大学の人間環境学部4年生だったFW富樫敬真(とがし けいまん)は、就職活動の真っただなかにいた。

【THE REAL】ファン・ウェルメスケルケン・際の挑戦…オランダで夢をかなえた男が抱く日の丸への想い 画像
オピニオン

【THE REAL】ファン・ウェルメスケルケン・際の挑戦…オランダで夢をかなえた男が抱く日の丸への想い

海を越えたサクセスストーリーの、最初のクライマックスが訪れようとしている。

【THE REAL】初勝利に導かれた涙の意味…湘南ベルマーレを再加速させる指揮官の眼力とマネジメント力 画像
オピニオン

【THE REAL】初勝利に導かれた涙の意味…湘南ベルマーレを再加速させる指揮官の眼力とマネジメント力

心の奥の、さらに奥まで見透かされている。湘南ベルマーレのボランチ、石川俊輝は驚きにも近い思いを抱きながら、気がついたときには胸中に溜め続けてきた苦悩をすべて打ち明けていた。

【THE REAL】浦和レッズ・遠藤航が磨き上げる心技体…新天地で放つ存在感 画像
オピニオン

【THE REAL】浦和レッズ・遠藤航が磨き上げる心技体…新天地で放つ存在感

危ないと思ったときには、必ずといっていいほど赤いユニフォームの背番号「6」が防波堤となった。相手のパスをインターセプトしたときも、正確無比なロングパスを逆算したときの起点でも、ピッチには常に遠藤航が君臨していた。

【THE REAL】けがの連鎖を乗り越えて…異能のゴールハンター・小林悠が追い求める巧さと強さ 画像
オピニオン

【THE REAL】けがの連鎖を乗り越えて…異能のゴールハンター・小林悠が追い求める巧さと強さ

痛みが残る右足を必死に伸ばした。時計の針はすでに、3分間が示された後半のアディショナルタイムを回っていた。これが最後のプレーになる。危機感と執念が、FW小林悠(川崎フロンターレ)の体を突き動かす。

【THE REAL】香川真司がクリアした2つの節目…W杯ロシア大会にかける熱い想い 画像
オピニオン

【THE REAL】香川真司がクリアした2つの節目…W杯ロシア大会にかける熱い想い

背番号「10」を託されて6年目になる日本代表で、そして通算4シーズン目を迎えたボルシア・ドルトムントで。わずか5日の間に、MF香川真司はふたつのチームでそれぞれ節目を経験した。

【THE REAL】代表100キャップ獲得も通過点…FW岡崎慎司を愚直に前進させる野望と盟友の背中 画像
オピニオン

【THE REAL】代表100キャップ獲得も通過点…FW岡崎慎司を愚直に前進させる野望と盟友の背中

日本代表のMF本田圭佑(ACミラン)によれば、バヒド・ハリルホジッチ監督はFW岡崎慎司(レスター・シティー)に心の底から惚れ込んでいるという。

【THE REAL】小さなエース・中島翔哉の現在位置…J3でのプレーと今夏のリオデジャネイロ五輪を見つめて 画像
オピニオン

【THE REAL】小さなエース・中島翔哉の現在位置…J3でのプレーと今夏のリオデジャネイロ五輪を見つめて

発足して3シーズン目を迎えたJ3に、FC東京はU‐23チームを参戦させている。23歳以下の若手選手に公式戦の舞台で真剣勝負を積ませて、成長を促すことが目的だ。

【THE REAL】4年後の東京五輪へ…再起を期すなでしこジャパンの糧になる悔し涙と若手の奮起 画像
オピニオン

【THE REAL】4年後の東京五輪へ…再起を期すなでしこジャパンの糧になる悔し涙と若手の奮起

いま思えば、なでしこジャパンが窮地に陥る姿を予感していたのかもしれない。それだけ、昨年末に電撃引退したレジェンド、澤穂希さんの言葉で引っかかるものがあった。

【THE REAL】なでしこジャパンはなぜ輝きを失ったのか…マンネリ化を招いた危機感の欠如 画像
オピニオン

【THE REAL】なでしこジャパンはなぜ輝きを失ったのか…マンネリ化を招いた危機感の欠如

ひとつの時代が終焉を告げた。大阪で開催されていた、リオデジャネイロ五輪出場をかけた女子サッカーのアジア最終予選。なでしこジャパンは3位に終わり、上位2カ国に与えられる出場権を逃した。

【THE REAL】新天地・大宮アルディージャで輝く「10」番…走れる司令塔・岩上祐三が届ける恩返し 画像
オピニオン

【THE REAL】新天地・大宮アルディージャで輝く「10」番…走れる司令塔・岩上祐三が届ける恩返し

敵地のゴール裏をオレンジ色に染めたサポーターが、自分だけを見つめている。勝利を報告すると、おもむろに拡声器を手渡された。熱い視線と降り注いでくる声援が、何かしゃべれと要求している。

【THE REAL】遠藤航が新天地・浦和レッズで抱く貪欲な夢…守備のオールラウンダーへ成長した先に 画像
オピニオン

【THE REAL】遠藤航が新天地・浦和レッズで抱く貪欲な夢…守備のオールラウンダーへ成長した先に

緊張と興奮が交錯する新天地でのデビュー戦。ぎこちなさが先だっても決して不思議ではない状況で、23歳になったばかりの若武者はたくましいばかりの存在感をピッチに刻んだ。

【THE REAL】ガンバ大阪・今野泰幸が実践する哲学…センターバックに抱いたトラウマを乗り越えて 画像
オピニオン

【THE REAL】ガンバ大阪・今野泰幸が実践する哲学…センターバックに抱いたトラウマを乗り越えて

ひとつの哲学を胸中に抱きながら、33歳の今野泰幸は16年目のプロ人生に臨んでいる。

【THE REAL】大学生Jリーガー・室屋成の成長を加速させる4つの夢…左足骨折の悪夢を乗り越えて 画像
オピニオン

【THE REAL】大学生Jリーガー・室屋成の成長を加速させる4つの夢…左足骨折の悪夢を乗り越えて

意思あるところに道あり――。日本代表の不動の左サイドバックとして86ものキャップを獲得し、南アフリカ、ブラジルで開催された両ワールドカップにも出場した長友佑都が好んで使ってきた言葉だ。

【THE REAL】植田直通の潜在能力…リオ経由ロシア行きを描く魅惑の大型センターバック 画像
オピニオン

【THE REAL】植田直通の潜在能力…リオ経由ロシア行きを描く魅惑の大型センターバック

文化も習慣も気候も異なるカタールへ飛び立ったのが1月2日の深夜。魂を削られるようなプレッシャーとも戦いながら、18日間で延長戦を含めて5試合、計480分間にわたってU‐23日本代表の最終ラインを死守し続けた。

【THE REAL】川口能活の燃え尽きぬ炎…不惑を越えた守護神がJ3・SC相模原で現役を続ける理由 画像
オピニオン

【THE REAL】川口能活の燃え尽きぬ炎…不惑を越えた守護神がJ3・SC相模原で現役を続ける理由

不惑を越えた大ベテランでも、この瞬間だけは常に緊張してしまう。新天地へ合流し、これから苦楽をともにしていく仲間たちとの初対面。2016年1月21日。SC相模原の一員となったGK川口能活は、自らを鼓舞するように大声で挨拶した。

【THE REAL】13年目の覚醒へ…元祖怪物・森本貴幸が新天地フロンターレで抱く期待感と危機感 画像
オピニオン

【THE REAL】13年目の覚醒へ…元祖怪物・森本貴幸が新天地フロンターレで抱く期待感と危機感

復活という言葉には、どこか違和感を覚える。いまも保持する数々のJリーグ最年少記録とその後の軌跡を比較すれば、FW森本貴幸に期待されるのは復活ではなく、新天地における「覚醒」となるからだ。

【THE REAL】17年の歳月を越えて…東福岡を高校サッカーの頂点に復帰させた指揮官の挫折と意識改革 画像
オピニオン

【THE REAL】17年の歳月を越えて…東福岡を高校サッカーの頂点に復帰させた指揮官の挫折と意識改革

夢のなかで常に思い描いてきた瞬間。教え子たちの手で宙を舞いながら、福岡県代表の東福岡を率いる森重潤也監督は至福の喜びに浸っていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 2 of 4
page top