【WBC2017】バエズが神走塁でタッチかいくぐる、ビデオ判定で三盗成功 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】バエズが神走塁でタッチかいくぐる、ビデオ判定で三盗成功

スポーツ 選手

プエルトリコのハビアー・バエズが神走塁を見せた(2017年3月20日)
  • プエルトリコのハビアー・バエズが神走塁を見せた(2017年3月20日)
『2017ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)準決勝が3月20日に行われ、プエルトリコのハビアー・バエズが神走塁を見せた。

プエルトリコは四回にノーアウト一、二塁からエディ・ロザリオがバント失敗。ランナー入れ替わって1アウト一、二塁となる。この場面で二塁ランナーのバエズが三盗。タイミングはアウトかと思われたが、バエズはタッチされる瞬間にスライディングしながら左半身を持ち上げ巧みにかわす。そのまま右手だけでベースに触れていた。


この走塁は一旦アウトと判定されるもビデオ判定で覆った。

一瞬の判断と反応に野球ファンからは、「バエズ、ほんまにアクロバティックすぎる」「これはバエズの瞬時によける動きと判断がすごい」「バエズの動き意味わかんない」「バエズの走塁力は日本人にはないものだな」「運動神経の塊だな」「両選手の真剣さが伝わる」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top