【WBC2017】プエルトリコが1位通過、侍ジャパンの対戦相手は米国対ドミニカの勝者 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】プエルトリコが1位通過、侍ジャパンの対戦相手は米国対ドミニカの勝者

スポーツ 短信

プエルトリコがアメリカに勝利し1位通過(2017年3月18日)
  • プエルトリコがアメリカに勝利し1位通過(2017年3月18日)
「2017ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)2次ラウンドF組の試合が3月17日に行われ、プエルトリコがアメリカに6-5で勝利した。勝ったプエルトリコは2連勝で1位通過を決めている。

初回にプエルトリコ打線は先頭から6連打。これまで1次ラウンドから自責点0を守ってきたアメリカ先発投手陣だが、プエルトリコはマーカス・ストローマンに対して徹底した逆方向へのバッティング。シングルヒットをつなぐ野球で4点を先制した。

対するアメリカも二回にノーラン・アレナドが二塁打で出塁。エリック・ホズマーのタイムリーで1点を返した。五回にはバスター・ポージーのソロホームラン。六回にもアダム・ジョーンズに一発が出て1点差まで追い上げる。

追い上げムードのアメリカだったが直後の守備で手痛いミスが出た。2アウトニ、三塁からアンヘル・パガンの打球は三塁手アレナドの正面へ。簡単なサードゴロと思われたが打球は芝と土の切れ目で高く跳ね上がる。イレギュラーバウンドに素早く反応してキャッチしたが一塁への送球で焦ったか暴投。ランナーふたりが生還して再び3点差に広がる。


アメリカは九回にブランドン・クロフォードの2点タイムリー三塁打で1点差まで追い上げたが、最後はジョシュ・ハリソンが三振して敗れた。

敗れたアメリカは1勝1敗。同じく1勝1敗のドミニカとの最終戦に決勝ラウンド進出が懸かる。プエルトリコはベネズエラとの試合で敗れ2勝1敗になっても、アメリカとドミニカを破っているため当該国間の対戦成績により1位通過が確定している。

日本が準決勝で対戦する相手はアメリカかドミニカか。F組最終戦も見逃せない試合になる。

大詰めのF組に野球ファンからは、「アメリカかドミニカか…どっちが来ても強力」「未対戦のはずだからドミニカとやりたいな」「米国のほうが与し易いか」「どっちが来ても大変だ。頑張ってもらいましょう」「準決勝でアメリカかドミニカ倒して決勝がプエルトリコとか最高の展開だ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top