【インタビュー】卓球“みうみま”平野美宇&伊藤美誠、お互いに勝ってる部分はどこ? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【インタビュー】卓球“みうみま”平野美宇&伊藤美誠、お互いに勝ってる部分はどこ?

スポーツ 選手

平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手(2015年1月28日)
  • 平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手(2015年1月28日)
  • 平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手(2015年1月28日)
  • 平野美宇(左)と伊藤美誠ペア(2015年10月3日)
卓球の“みうみま”ペアとして親しまれてきた平野美宇選手と伊藤美誠選手。

1月22日に閉幕した全日本卓球選手権後に発表された、5月の世界卓球選手権に向けた日本代表では平野選手は先輩の石川佳純選手、伊藤選手は同い年の早田ひな選手とペアを組むことになりましたが、ふたりの仲の良さは変わりません。

平野選手と伊藤選手は、1月28日に予備校の河合塾マナビスが行なった『夢を追いかける高校生応援イベント』にゲスト参加。伊藤選手は“みうみま”から離れることについて、「ダブルスは一時停止?美宇ちゃんと今回は組まないけど、チームメートで仲間ですし、お互い励ましあって切磋琢磨して頑張っていきたいです。ダブルスではライバルになるかもしれないけど、お互い頑張っていけたらいいな」と一緒に成長していこうとしています。

一方の平野選手が「ダブルス組まなかったら部屋とかも同じにならないので、今までより仲良くしなくていいかなって」と話すと会場は爆笑。

そんな“みうみま”ペアに、ちょっとプライベートなことを聞いてみました。(聞き手はCYCLE編集部・五味渕秀行)

平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手 参考画像
(c) Getty Images

---:幼い頃から卓球をしてきたおふたりですが、伊藤選手はオリンピックで銅メダル獲得、平野選手は全日本選手権を史上最年少で優勝。それぞれ偉業を達成しましたが、ここまでの道のりは長かったですか?

伊藤選手「長くはないねえ?」
平野選手「うん、長くはないね」
伊藤選手「達成的には結構早いと思うんですよ。美宇ちゃんも16歳で優勝して、(私も)オリンピックに出られて、という感じだったので、道のり的には逆に早くていい感じじゃないかなって思います。今後もこのペースで行きたいなと」
平野選手「小学校6年生のときは16歳で、高校1年生で優勝するなんて思っていなかったので、そう考えると早いなと思いますね」

---:平野選手が目標として全日本選手権優勝を意識したのはいつごろ?

平野選手「去年はあまり思っていなくて、今年の大会が始まる前には思っていましたね」

---:普段は卓球に明け暮れていますが、伊藤選手はオフは買い物をするのが好きと話していましたね。どんなものを買うのが好きですか?

伊藤選手「洋服です。買い物に行ったら洋服を見て、靴とかも見て。結構色々見ますね。買い物がリフレッシュになります」

---:どういうファッションが多いですか?

伊藤選手「シンプル?黒が多いですね。でも、たまに他の色を付けたりするんですけど、どちらかというとシンプル。最近はちょっと長いスカートにハマっています」

---:平野選手のファッションは?

平野選手「あまりファッションはわからないんですけど、雑誌は『Vivi』が好きです。人と被らないようにするのが好きだけど…とか言いながら今日めっちゃ普通だよね(笑)。なんでですかね?」
伊藤選手「よく人と被りたくないって言ってるよね」
平野選手「言ってるよね」
伊藤選手「でも被っちゃうよ、服は」
平野選手「うふふ」

伊藤美誠選手(左)と平野美宇選手

---:伊藤選手は、卓球以外で平野選手に勝っていると思う部分はありますか?

伊藤選手「めんどくさい?そういうの何ていうんだろう?几帳面?お風呂とか…」
平野選手「なんですかね?潔癖?」
伊藤選手「潔癖症ではないんですけど」
平野選手「あ、清潔感!清潔感!」
伊藤選手「どっちかというと自分はめんどくさがり屋なんですけど、美宇ちゃんよりはめんどくさがり屋ではないと自分では思います(笑)」

---:平野選手は伊藤選手より勝ってると思う部分はありますか?

平野選手「あまりないですね…。アイドルの詳しさぐらい?(※)」
伊藤選手「アイドルはもう飛び抜けてる、うん」
※:平野選手はHey! Say! JUMPが大好きです。

---:海外遠征も多いですが、失敗談とかありますか?

伊藤選手「あまりないですけど、話していて結構盛り上がっているときに、(英語で)ちょっと話せなかったりはしますね。聴き取れるのに話せないっていうのが一番辛いです。言いたいことが言えない…」
平野選手「ユーロだと思ってヨーロッパに行ったら、ユーロじゃないヨーロッパとかたまにあります」
伊藤選手「あはははは、お金ね」
平野選手「そう。でもそんなにないですね」

---:将来どんな大人になりたいですか?

伊藤選手「東京オリンピックのときは20歳になる年。卓球では金メダルを獲ると言っているので、金メダルを獲れるような女性というか、カッコいい女性になりたいです!」
平野選手「卓球ではオリンピックで金メダルを獲りたいですし、それに相応しいような周りから応援されるような選手になりたいです!」

---:ありがとうございました。

両選手の結婚観は、「小さいころは23歳で結婚したいって言ったんですけど現状厳しいと思うので、引退したときに結婚相手がいるのが理想」(平野選手)、「美宇ちゃんと同じ感じで年齢とかは決めてないですけど、(引退から結婚まで)パッパッパッという進み具合で頑張っていきたいです」(伊藤選手)だそうです。

「今は卓球だけ」と語るふたり。まず5月にドイツ・デュッセルドルフで行われる世界卓球選手権に向けて、これからも卓球道を突き進みます。

●平野美宇(ひらの みう)
2000年4月14日生まれ、山梨県出身。JOCエリートアカデミー所属。16歳9カ月で平成28年度全日本卓球選手権女子シングルスの優勝を達成し、史上最年少優勝を決めた。世界ランキング9位(2017年1月現在)。

●伊藤美誠(いとう みま)
2000年10月21日生まれ、静岡県出身。スターツSC所属。2016年8月のリオデジャネイロ五輪に出場し、卓球女子団体で銅メダルを獲得した。15歳300日でのメダル獲得は卓球史上最年少としてギネス世界記録に認定されている。世界ランキング8位(2017年1月現在)。

●平野美宇・伊藤美誠ペア
2014年3月30日にITTFワールドツアー2014ドイツオープン女子ダブルスで優勝。平野選手と伊藤選手の試合時の合計年齢27歳145日がITTFワールドツアー・ダブルス最年少優勝(合計年齢)としてギネス世界記録に認定されている。
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら