トランプの大統領就任、NFLのトム・ブレイディは「すべては競争だと思う」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トランプの大統領就任、NFLのトム・ブレイディは「すべては競争だと思う」

スポーツ 短信

ドナルド・トランプ  参考画像(2016年11月10
  • ドナルド・トランプ  参考画像(2016年11月10
  • トム・ブレイディ 参考画像(2016年10月30日)
  • ニューイングランド・ペイトリオッツのビル・ベリチック・ヘッドコーチ 参考画像(2016年10月30日)
米国の次期大統領にドナルド・トランプ氏が選ばれたことで、スポーツ界からも多くの声が寄せられている。NFLニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディは、「この結果をポジティブにとらえたい」と話した。

「私は常にポジティブな人間だ。米国は変化の時期にあるのだと思う。これまでも4年ごとに大統領選は行われてきた。誰かが成功するところを見るのは喜ばしいことだ。ビル・クリントンやバラク・オバマ、ジョージ・ブッシュが大統領になったときも私はハッピーだった。すべては競争だと思う」

トム・ブレイディ 参考画像
(c) Getty Images

シカゴ・カブスがワールドシリーズを制したときも、クリーブランド・キャバリアーズがNBAファイナルで勝利したときも、特にどちらのファンでもないが嬉しかったと言うブレイディ。大統領選に対しても、「努力が報われる瞬間を見るのは喜ばしいことだ」と中立的な立場からコメントした。

トランプ氏の思想に賛同しているわけではないと釈明したのは、ペイトリオッツのビル・ベリチック・ヘッドコーチ(HC)だ。選挙期間中にトランプ氏への書簡が読み上げられたベリチックHCは、「ドナルド・トランプとは長年の付き合いだが、政治的なものではない」とコメントしている。

ビル・ベリチックHC 参考画像
(c) Getty Images

「5分間ともに過ごせば誰もが、私が政治的な人間ではないと分かるだろう。私の発言は政治的な感情から来るものではないが、ドナルドへの友情と忠誠心は持っている。数週間前にジョン・ケリー国務長官が我々を訪れてくれた。彼もまた私の友人のひとりだ。このふたり以上に政治的な人間を私は知らないが、私にとっては友情と忠誠心を持つ友人だ。

私は毎月多くの手紙を送るが政治や宗教などに関わる人々の、すべての言動に賛同するということではない。私には多くの友人がいるというだけだ」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top