ツアー・オブ・ジャパン第1ステージ、新城が大健闘の2位! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアー・オブ・ジャパン第1ステージ、新城が大健闘の2位!

バックナンバー 過去ニュース

5月14日、ツアー・オブ・ジャパンが開幕した。初戦の大阪ステージでは、Team VANG Cyclingの新城選手が2位を獲得した。
  • 5月14日、ツアー・オブ・ジャパンが開幕した。初戦の大阪ステージでは、Team VANG Cyclingの新城選手が2位を獲得した。
5月14日、ツアー・オブ・ジャパンが開幕した。初戦の大阪ステージでは、Team VANG Cyclingの新城選手が2位を獲得した。

チームにとって日本で走るはじめてのレース。とにかく存在をアピールしたかった。
例年の集団スプリントで、決着が逃げ&スプリントの両方の展開に備えスタート。序盤から外国勢2名が先行し、集団はタイム差を測りながら淡々と進む。

チームは宮澤のスプリント勝負のため、後半から集団ペースアップに入り、先行の2人を吸収してゴールスプリントへ。しかしゴール前の連携が僅かに乱れたため、牽引役の新城に急遽スプリント勝負が託された。

新城は大役をこなし2位でゴール。優勝は逃したが、チームのアピールも出来、気持ちの良い初戦となった。
(浅田監督コメント)


□5月14日 第1ステージ 大阪府堺市140.8
1位 ワン・カンポ(香港ナショナルチーム)3h06m18s
2位 新城幸也 (TEAM VANG)
…9位宮澤崇史、68位福島晋一、77位佐野淳哉、83位清水都貴、92位福島康司
以上トップと同タイム
《編集部》
page top