ツアーオブシャム 福島兄弟1-2フィニッシュ! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアーオブシャム 福島兄弟1-2フィニッシュ!

バックナンバー 過去ニュース

15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!
  • 15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!
15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!

この日のバンコクは、気温36度の酷暑。29チームから、142名の選手が出走した。
康司選手が逃げ、後続の集団に吸収されるタイミングで晋一選手が飛び出し、その後は康司選手とふたりで先行し、かなりの差を開けた。最終的には、1秒ほどの差で1-2フィニッシュ。この85kmのステージを最高の形で征した。

逃げた康司選手はポイントジャージを、晋一選手はリーダージャージを着用し、第2ステージに出走する。

昨年の鎖骨骨折後の初レースで、これだけのパフォーマンスを見せてくれた福島晋一選手。今後の活躍に期待がかる。
ツアー・オブ・シャム(UCI 2-2)は2006年1月15日~21日に全7ステージで戦われる。

<日本代表チーム>

【監 督】
浅田  顕(JCFロード競技部会部会員)

【メカニック・マッサー】
現地スタッフ

【選 手】
福島 晋一 (JPCA・CYCLE RACING TEAM VANG)
福島 康司 (JPCA・CYCLE RACING TEAM VANG)
宮澤 崇史 (長野・CYCLE RACING TEAM VANG)
石田 哲也 (愛知・TEAM NIPPO)
佐野 友哉 (大阪・TEAM MATRIX)
《編集部》
page top